FC2ブログ
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP雑記・雑感 ≫ 第六世代の仲間たち あと七世代のこと少し

第六世代の仲間たち あと七世代のこと少し

6世代を共に戦ったお気に入りのポケモンたち。順番に意味は無いです。




ガルーラ
179-161-100-×-101-142
意地っ張り@メガ石 肝っ玉
恩返し/噛み付く/グロウパンチ/不意打ち

S8最終盤~S9にかけて使用した噛み付く179ガルーラ。素催眠が飛び交いクレセよりもカバスイクンが多かった当時の環境において最強の生き物だったと今でも思う。



203-157-114-×-100-110
意地っ張り@メガ石 肝っ玉
捨て身/地震/グロウパンチ/不意打ち

S11使用。当時は乱数とはいえ陽気ガルーラの猫捨て身耐えが認知されていなかったため,ミラーではとりあえずグロを打っていた。猫を打たれたら捨て身で相打ち。僕を初の(そして唯一の)2100へ連れて行ってくれたポッコモの1。



203-154-117-×-100-110
意地っ張り@ゴツメ 肝っ玉
空元気/カウンター/毒/猫騙し

好き。好きすぎて最終シーズンを棒に振る所だった。



203-154-100-73-101-102
勇敢@メガ石 肝っ玉
捨て身/冷ビ/地震orドレインパンチ/猫or不意

XY環境で生まれ6世代を通し使用した唯一のポッコモ。一方的な出し負けがまず発生しないため1500~1800帯で比類なき強さを発揮してくれた。このブログでは初登場だが,S6~S17までほぼ毎シーズン使用した。後述のゴツメガッサと組む事でミラーの不利をケアし,2000後半まで行ったこともある。





ゲンガー
135-×-81-182-95-178
臆病@命の球 浮遊
シャドボ/気合玉/身代わり/道連れ

制球難。S15~16に使用。球にボールに玉でタマだらけな所がすき。



135-×-80-200-96-162
控えめ@スカーフ 浮遊
シャドボ/ヘド爆/めざ氷/道連れ

S17の主役。せっかく粘ったのでめざ氷だったが気合玉やマジシャでも良かったのではと思う。





ガルド
135-71-153-112-170-112
おっとり@襷 バトルスイッチ
シャドボ/聖なる剣/めざ氷/影打ち

S11とか使用。引く気の無い所が好き。このポケモンも1500~を抜け出すのによく使っていた。



167-73-220-70-170-69
呑気@弱点保険 バトルスイッチ
シャドボ/聖なる剣/キンシ/影打ち

つかじゅん氏考察のギルガルド。使った中では最も強いガルドだったと確信している。





オニゴーリ
161-108-101-120-90-144
無邪気@食べ残し ムラッ気
フリドラ/地震/身代わり/守る

S9使用。だいすき。オニゴーリ対策としての初手TODが認知されてボックスに帰った。





キノガッサ
153-150-115-123-72-90
うっかりや@襷 テクニシャン
マッパ/草結び/めざ氷/カウンター

バトルオブホウエンで使用。世界よ,これが奇形だ。



148-155-143-×-81-107
腕白@ゴツメ テクニシャン
マッパ/種ガン/剣舞/胞子

こいつS13に2070まで行ってるんですよ。君もまた奇形だ。ただ調整はかなり真剣に考えたぞ。





ブシン
189-210-115-×-85-90
意地っ張り@命の球 力ずく
毒づき/冷パン/炎パン/マッパ

S11~12に使用したこれ。実に強かった。僕を2100へ連れて行ってくれたポッコモの2。





ボルト化身
173-×-90-155-104-179
臆病@オボン 悪戯心
10万/気合玉/めざ氷/悪巧み

S11~13にかけて使用したこれ。この後すぐスカガブの逆鱗をきっちり耐えるHSボルトの配分が公開されテンプレとなったが,僕はこの調整が強いと思っていたので最後までいじらなかった。いや,HPを1落としてCに回した。





メガマンダ
189-198-101-×-106-135
意地っ張り@メガ石 威嚇
暴れる/空元気/地震/竜の舞

S13に使用し文字通り暴れた。一瞬だったが初めてPGLの1ページ目に乗った。初めて英語NNを付けた。初めてのシングル厨もこのポッコモで行った。なお3-6。思い出深い1体である。





ガモス
調整忘れたけどCSベース
控えめ@命の球 炎の体
さざめき/ギガドレ/めざ地/蝶舞

S6使用。ウルガモスは炎技があったほうがいいと教えてくれた。強かったけど。





メガデン
調整忘れたけどHcS
控えめ@メガ石 静電気
10万/竜の波動/気合玉/ボルチェン

6世代で初めて育成したポッコモ。この子がかわいかったから僕はレートを始めたしブログもやってみた。好きだよ。




育成総数342,最高レート2109,2000突破シーズン8回。7世代では育成に割く時間は間違いなく減りますが,レートに関してはもう一つ上に行きたいなあと思いつつ6世代最後の記事は終わります。







最後に7世代の話。噂ではガルーラが弱体化を喰らいフェアリータイプが増加,またTODの事実上廃止もあるらしいので,詳しくは知りませんがこの辺りを軸に考えると(あとZ技。ジュエルみたいなもんでしょ)

・対面構築の減少
ガルーラが下方修正を受けガブにはスカーフを持たせ辛く,またノーマルや格闘技が減る事により後投げの難しくなったゲンガーなど弱体化の目は多い。

・積みポケの増加
ガルーラを軸とした対面構築に不利を取りやすかった積みサイクル系構築の復権があるか。特にリザ・マンダ・バンギの3メガとTOD廃止の追い風を受けたオニゴーリが来ると考えている。

・メガボーマンダの流行
捨て身/空元気/羽休めの採用をするだけでガルーラ以外のメガに軒並み有利を取る性能は破格。電磁波の仕様変更(素早さ1/4→1/2へ)もありそうなのでこれも後押しとなるか。最悪の場合は舞ターンに後出しされたボルトの前でもう一度舞う選択肢がある。

・天候パの増加
というか砂と雨。ガルーラがいなければ一線級のはず。


辺りが環境初期に起こると思う。ガチガチのサイクル系は辛そうだが,受けル党は受けルに執着する方が多そうなので,また何らかの対策を持って環境に残り続けるのでは。ガブに関してはスカーフが減るだけで大きく数が減るとは思っていない。あと対面構築以外のゲンガーは2W+挑発道連れの様な,相手の展開を阻害しつつ確実な仕事を行う型が多くなると考えている。この際のベース構築としてはボルトランドコントロール(この名前嫌いじゃないけど好きじゃない)のような対面操作+展開阻害を用い,この軸にメガゲンガーのキャッチを据えたものが単純かつ強そう。


とはいえこれはあくまで予想。蓋を開けるまで環境がどうなるかは分からないし,実はガルーラの下方修正も調整中の映像が誤って流出しただけかもしれない(メガバシャの冷パンのような)。
一つ言えるのはSM楽しみですねって事だけである。



余談ですが,僕は初めて2000に乗った日の喜びに思いを馳せつつ7世代用にアップデートしたオニゴーリを使う予定です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL