2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 【シングルS16使用構築】行動保障の無い対面構築は難しいなってTOP使用構築 ≫ 【シングルS16使用構築】行動保障の無い対面構築は難しいなって

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【シングルS16使用構築】行動保障の無い対面構築は難しいなって

最高,最終ともに2007という何とも言えない結果。ポケモンをやっていて初めてキリの良い数字に達すると同時の撤退をキメており,今季は本当に勝ちきれず苦しかった。たぶん周りの人が強くなったからだと思うんですけど(名推理)

S16・行動保障アンチ

S16.png

構築単位で初手ガルーラを誘い,そこから主導権を握ろうという考えのアレ。少し王道を外したポケモンこそ多いものの個々のスペックはかなり高かった。反面並びが弱い感じ。



個別

メガル

ガルーラ@メガ石 意地っ張り 肝っ玉→親子愛
203(180)-190(220)-134(108)-×-120-120
秘密の力/噛み砕く/ドレインパンチ/不意打ち

構築軸かつ唯一のメガ枠。行動保障があるので強い。調整はS11の流用だが,Hを削ってABSに回す,精神力ガルーラ意識でSをメガ前118まで落とすなど改善の余地はある。
ミラーでは基本的に後述のガブゲンに引いていたが,最悪引かないままでも戦えるのが重要と思っているのでB振りは重要。合わせてドレパンも搭載し,副産物として全体で重いポリ2にも有利な戦いができるようになった。





ガブ

ガブリアス@ゴツメ 陽気 鮫肌
191(60)-164(108)-126(84)-×-106(4)-169(252)
地震/逆鱗/岩石封じ/剣舞

ずいぶん前に育成したやつ。技構成は大きく変更し,剣舞を持たせ相手への負担を最大に取った。
ガルーラへ後投げすることで猫・グロウ・ドレパン・捨て身・ゲンガーバック読み砕く全てに大きくアドを取れるポケモンであり,カバと違いそこから冷ビで突っ張られても何ら問題ない。こう書くと強そうだし実際ガルーラには強かったが,選出からゲッコウガやスカガブに臆する点,本来対面ガブが担う『崩し(襷剣舞)』 『ストッパー(襷・スカーフ)』 『フィニッシャー(スカーフ)』全てが曖昧な点で選出時の脆さがあった。




ゲンガー

ゲンガー@命の珠 臆病 浮遊
135-×-86(4)-182(252)-95-178(252)
シャドボ/気合玉/身代わり/道連れ

昨シーズンから変更なし。主にガルーラへ後投げから全力ストレートで吹き飛ばしにかかるのが仕事。制球難に苦しみ,何もできないままガルーラに噛み砕かれる姿が度々目撃された。
ガルーラがASまたはD下降補正に偏ったためぶっ刺さると踏んだが,S15の珠ゲン流行から日も浅いためか,立ち回りで強く警戒されていると感じた。対面時の即不意打ちが何度かあり,これを恐れ身代わりを見せると裏からスカガブが出てくる。居座ってくるガルーラは耐久振りだから気合玉を当てても生き残っていたりする。珠ゲンガー株の先行きは不透明である。




ボルト化身

ボルトロス化身@襷 臆病 悪戯心
155(4)-×-90-177(252)-100-179(252)
10万/めざ氷/威張る/電磁波

昨シーズンから気合玉→電磁波へ変更。さすがに1チームで制球難を2体抱えるのは苦しいと気付いた。行動保障があるので強い。
苦しい展開になると相手を怒らせる癖がある。




にんじゃ

ゲッコウガ@ラム 無邪気 変幻自在
149(12)-116(4)-108(164)-138(116)-81-185(212)
熱湯/冷ビ/悪の波動/影打ち

信用可能ゲッコウガをベースに色々いじった。行動保障はあるようで無い。無い(断言)
今季はゲッコウガのSラインが上がっているように感じ,現に対面は全て上を取られている。なぜこの技構成で突っ張るのかと聞かれれば,引き先が無いからですと言う他ない。




ガルド

ギルガルド@弱点保険 呑気 バトルスイッチ
167(252)-73(20)-220(236)-70-170-69(S個体値24~25)
シャドボ/聖なる剣/キンシ/影打ち

配分および技構成はつかじゅん氏のブログ記事【呑気HB弱点保険ギルガルド】を参考にした。行動保障がキモいほどかかっており強い(キモい)。素早さに関してはカバルドンを狙っており,どうせブレード状態でも無振り地震は耐えるのだからと上を取ってみた。
氏のブログで書かれるように『メガバシャのフレドラを耐える』 『3割ほどHPか削れてもガルーラの地震を耐える』と言った点は当然強かったが,他には『1舞メガハッサムの叩きをだいたい耐える』 『珠ドリュウズの地震も耐える』 『グライオンの地震をブレードで耐える』などが強力であった。特に最後は偉く,ガルドをグライオンに一任する受けルには負けた覚えがない。
この生き物を後ろに控えさせることで,物理エースを据えた起点構築に対しても1積みならどうとでもなるという安心感が持てる点も評価が高い。






スカガブ,舞ウルガモス,珠バシャなど重い相手は多かったが,各々のスペックが高く可能性は感じた。今まではレート2000を最低限,2100を目標と設定していたが,ORAS環境は次が最終になるようなので,もう100ほど設定を上げて臨みたい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。