FC2ブログ
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP育成個体 ≫ ゴツゴツメット on the キノコ

ゴツゴツメット on the キノコ

not モロバレル yes ゴツメガッサ



キノガッサ

男根のメタファー先輩

ステータス(努力値):148(100)-155(36)-143(236)-×-81(4)-107(132)
技構成:マッハパンチ/種マシンガン/キノコの胞子/剣の舞or馬鹿力
性格等:腕白@ゴツゴツメット テクニシャン


火力
マッハパンチでB無振りガルーラに90~108ダメ
 →H4振りガルーラをゴツメ×3+マッパで最低乱数以外倒す
馬鹿力でB無振りガルーラに176~210ダメ
種ガンでHB特化スイクンを低乱5(17.4~21.3%) 

しょっぱい


耐久
陽気ガルーラの捨て身ほぼ確定耐え(56.8~67.6+28.4~33.1%)
特化ガルーラの猫+恩返し1発目をほぼ確定耐え(124~148ダメ)
特化ガルーラの猫+秘密をほぼ確定耐え(125~150ダメ)
陽気鉢巻ガブの逆鱗を乱数3つ切って耐え(87.2~103.4%)
4振りスイクンの熱湯+冷ビをほぼ確定耐え(20.9~25.0+63.5~75.7%)
4振りクレセのサイキネ確定耐え(81.1~97.3%)


素早さは4振りクレセスイクン抜き。ガルーラにはマッパ打っておけばだいたい勝てるし,よっぽど悪くても1:1は取れる。



昨シーズンのサブロムで使っていた謎の生き物。100戦程度で2000には乗っているしガチポケのつもりです。なお2070程度をピークに200溶かした模様。
ガルーラを対面処理したいだけならスカーフやオボンガッサでいいので,それらとは全く違う所を目指しました。具体的には不毛なガルーラミラーの打開。
選出できたときは強かった。




つかいかた

ガルーラと組ませます。パーティにカバルドンやスイクンを入れない様にしましょう。クレセはぎりぎりおk。
次にゴーストタイプを入れましょう。大抵はガルドかゲンガー,両立しても構いません。あとは適当に強そうなポケモンを並べて…完成やな!

S13sub:きのこは添え物


対戦が始まりました。ガルーラを先発に置きましょ。

母尻 VS メガル
親の顔より見た対面

ここです。このとき相手が取る行動は
1:猫
2:物理受け(特にカバクレセ)にバック
3:ハイリスクハイリターンのグロパン
4:ガブ(陽気鉢巻orゴツメが多い?)にバック
5:消極的な相打ち狙いかつカバスイクンの後出しを許さない捨て身


のうちどれかであることが多く,ここにキノガッサを出す事で1~3へ有利を取りつつ4と対等な対面を作ることができます。当然グロ+不意打ちや鉢巻ダブルチョップは余裕で耐え。
このとき 5:捨て身 を選択されるとキノガッサは最悪出オチしてしまうので,ゴーストタイプを見せることでこれをケア。スイクン程度の半端な物理耐久ポケの存在も5番の選択を誘いやすいので,元より構築に入れない様にしましょう。

技の最後1枠に剣舞を入れればこのポケモンでクレセを処理しに行きやすくなり,馬鹿力を入れればナットにも対応しやすくなります。感想としてはどっちも有れば使うし無いなら何とかなるかなって感じ。


前のめりな構築を組みつつ安心して初手に最強ポケモンガルーラを出す事が出来る…斬新かつ強力な並びだ(ガッツポ




もんだいてん


バシャーモゲンガー27_01.png



これ無理だゾ。





たいさく

まあファイアローはボルトとかで何とかなるとして(疑問符)。問題はバシャとゲンガー。分かりやすく対応できるのはHDアローですが,ガルガッサアロー選出をすると完全に電気で詰み。結局バシャゲンガー入りにはあまり出せなかったんですが,高レートにこの2体がいないガルーラ構築は無いです。

出せた時は結構なスペックを感じたので(ホントに),『バシャゲンガーに後出しが安定しつつ電気の対面処理ができて裏に高負荷をかけることができるポケモン』が開発できたらまた使います。




このブログにガッサが出るのはこれで2回目です。前回登場のキノガッサ君はうっかりやめざ氷でした。このブログはおかしいのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL