FC2ブログ
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 強い地雷の4条件TOP雑記・雑感 ≫ 強い地雷の4条件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

強い地雷の4条件


ブシン メガル


珠ずくローブシン君を作るときに気を付けた,わりと当たり前のこと。同じ調整意図,同じ技構成の珠ずく武神で2150行った人もいるみたいなのである程度信用できる気がする。

以下いきなり結論。





①:地雷行動がこちらにとっての安定択であり,
②:一回の地雷行動が盤面の(見かけの)優劣をひっくり返すだけの影響力を持ち,
③:その択が相手からは見えておらず,
④:地雷としての役割対象以外とも十分に戦える



発想の大元となった地雷ポケ/技は ダブルのメガガルーラ/守る である。シングルでもないしそもそも攻撃技ですらないが,要素を分解していくとこの生き物は上記4条件を概ね満たすことが分かる。僕自身ダブルはちんちんに毛が生えた程度のへなちょこだが許してほしい。逆に言うとそんなへなちょこにもわかりやすいだけの強さを感じたので発想元になったとも言えよう。





①:地雷行動がこちらにとっての安定択である
ガルーラ側としては『相手の集中が来るだろうから云々…』と読む必要が一切ない。結果としてそうなることはあるだろうが,目先1ターンはガルーラに対し干渉を受けたくないから守っただけである。ガルーラが守るターンの主眼は当然ながら隣のポケモンの行動,または隣の交代に置かれている。


②:一回の地雷行動が盤面の(見かけの)優劣をひっくり返すだけの影響力を持つ
ガルーラが守っている間に隣が追い風やら電磁波やら交代やらで盤面を大きく動かすことができる。少なくとも両縛られ状態は脱出できるだろう。


③:その択が相手からは見えていない
現在ダブルガルーラの守る所持率は23%程度と無視できないが,相手から見たガルーラはかなり優先的に処理すべき対象である。ゆえに見えていない守るの択は直視しづらく,単調攻撃または鬼火を誘いやすい。


④:地雷としての役割対象以外とも十分に戦える
ガルーラがガルーラとして働くために必要な技はノーマル技のみである。4条件の中では一番重要な部分といえよう。



珠ずくブシン君に関してもこの4条件を意識し,ニンフィアマリルリ対面で安定して突っ張れるだけのSと火力を確保した。また毒突きは武神の技としては非常に通りがよく,相手が釣り出しをしても等倍で刺さりやすい。安定行動と言い張れるだけの条件は満たしているはずである。相手からすればローブシンがニンフィアマリルリより速く,しかも毒突きを打ってくるという択は見えない。この一発で盤面の優劣はひっくり返すことが可能で(実際はずっとブシン有利だったのだが),フェアリー以外の多くの相手とも打ち合えるだけの数値はある。

つよそう。



現在は十分に認知されており地雷とは言えないが,出てきた当初の203ガルーラやCS襷ガルドも上記の条件は良く満たしている。
こっちを例にした方が分かりやすかった感あるが,発想元が守るガルーラだったから多少はね?

強いポケモンの要素を分解するとけっこう共通点が見つかるというお話でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。