FC2ブログ
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 【フレ戦】運ゲ極振り乱数構築大会TOP雑記・雑感 ≫ 【フレ戦】運ゲ極振り乱数構築大会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【フレ戦】運ゲ極振り乱数構築大会

運ゲ極振り乱数構築大会とは何なのか?

各参加者が全手動乱数発生装置(くじ引きとも言うらしい)により引き当てた10体のポケモン。
そこから選ばれし6体のポケモン同士で行われる,運ゲを煮詰めたような闇のゲーム(見せ合いシングル6650)である。
その他のレギュレーションは以下の通り。

 ・禁止ポケモンは一切なし
 ・心の雫等の禁止アイテムは使用不可。メガ進化可。
 ・総当たり戦

いわゆるおふざけ大会ですね。





くじ引きの結果


2015/3/9現在で最終進化ポケモンは400匹ほどおり,これは全ポケモンの4/7にあたります。
つまり10回ランダムにポケモンを選べば,5~6匹は最終進化ポケを引く計算ですね。
それをふまえて,これが俺のポケモンたちだ!


わし


……。
よわそう。

ま,(他の四人もクジ運が無いかもしれないし)多少はね?



わし以外

わし以外 - コピー わし以外 - コピー (2)

ダメみたいですね(諦め)


しかし最悪でもヌーチェには勝てそう。
そしてバトルはメガ進化ポケ不在の新環境に突入する。





使用構築と個別紹介


やるからには勝ちたい。

上記のポケモンたちを一通り見ると,
 ・強力な先制技が無い
 ・吠えるや吹き飛ばし,滅びの歌など交代を強制する技を(あまり)持たない
 ・素早さの強化ができる積み技が無い
などの偏りが見られます。
このことから,ワカシャモからの加速バトンがシンプルかつ強力であると考えました。

また,アタッカー以外ではモンメンやペルシアンなどサポート技が豊富なポケモンを引いていたため,サイクル戦が基本となるシングル66であっても初手から起点を作りに行く動きが強そうであると思われました。

そもそもサイクル戦なんかしたらポリ2ドリュウズ以外は死んでしまう。
そしてできたのが以下の構築です。



超☆乱数構築



ワカシャモ
ワカシャモ@ヤタピ 陽気HbS 加速
シャドークロー/バトンタッチ/ビルドアップ/身代わり

パーティの要,バトン要員。
Hはヤタピ発動を早める4nにしてSは最速,Bラインは適当です。
ビルドバトン身代わりは確定として,残り1枠は炎技・格闘技・守るなどと選択になりました。
今回,ニャオニクスだけは許したくなかったのでシャドークロー。やはり一度も使わなかった。
隙あらば筋トレをするビルダーの鏡。



ポリ2
ポリゴン2@進化の輝石 生意気HDベース ダウンロード
恩返し/冷凍ビーム/10万ボルト/自己再生

ワカシャモのバトン先。
素の状態で場に出してもいいけどね。
メインのノーマル技には,瞑想ライコウの起点回避ができてビルドバトンの恩恵を受ける恩返しを採用。
要塞と化しても毒で死んでいくかわいそうな子。
唯一後出しの安定するパーティの良心。



ドリュ
ドリュウズ@突撃チョッキ 意地っ張りAS 型破り
地震/アイアンヘッド/岩石封じ/角ドリル

普通のドリュウズ。
持ち物はスカーフも考えましたが,バトン先になる可能性があること,サイクルを放棄した66で拘りたくないことからチョッキになりました。
全体的に特殊寄りの環境だったこともあり,よく機能したと思います。



ペルシアン
ペルシアン@広角レンズ 陽気HSベース 柔軟
とんぼ返り/凍える風/甘える/どくどく

起点要因その1。
特性はニャオニクスへの後出しを安定させる柔軟。
残りは起点作成の凍える風,甘えるを確定とし,身代わり連打と合わせて交代強制力が高そうな(=身代わりを残してビルドできる)どくどくを入れました。
先発は大体任せてた。



モンメン
モンメン@気合の襷 冷静C いたづらごころ
自然の力/がむしゃら/わたほうし/置き土産

ノーマルルールだと自動的にレベルが50になり,Lv.1モンメンは使えないためこんな感じ。
自然の力は変化技なので,悪戯心により優先度+1のトライアタックになります。
先制でがむしゃらを出されても困るのでS個体値は0。
HPは低ければ低いほどいいのでH個体値は0。
被ダメは大きければ大きいほどいいのでBD個体値は0。
めんどくさかった(小並感)
ちなみにわたほうしは相手のSを2段階下げる事ができる,第二世代からある技だゾ。
今知ったゾ。



ドードー
ドードー@カムラ 意地っ張りAS 逃げ足
じたばた/がむしゃら/身代わり/ツボを突く

こんな感じのドードリオを3世代で使ってました。
懐かしい気持ちになったため,貴重な最終進化ポケであるバオッキーを捨ててねじ込んだ。
HPが1になるまで身代わりを連打して,タイプ一致威力200技と化したじたばたを打ちたかった(届かぬ思い)
仕様上みがじたは確定として,あとはノーマル半減相手に打つがむしゃらを採用。
残り一つは叩き落す・ドリル嘴・高速移動などがありましたが,一番面白そうだったツボを突くを入れてみました。
出したときは全部ツボを突く前に倒された。というか何もしていない。
特性は早起きのほうがいいのかもしれない(すっとぼけ)





対戦結果


vs TNN
驚いたことにアマルルガがハイボを切っていたので,ワカシャモの起点にした。
あとはパパパッとドリュウズにつないで,オワリッ!
ジャローダはアイヘで怯ませました。
蛇睨み搭載型だったので,怯まなかったら負け筋あったかもしれんぬ。
初手のねばねばネットアメモースが一番手こずった。
勝ち。




vs くまお
水タイプばっかで起点を選ぶのが難しかったです。
モンメンの置き土産から強引にワカシャモの起点を取ったものの,裏からケルディオが出てくる。
アクアジェットの存在に焦り,ヤタピ発動前にポリ2へバトンタッチしちゃう。
結果ケルディオには逃げられ,10万ボルトでブルンゲルを突破できずポリ2が毒により無事死亡。
打つ手,なし!w
最後はドードーがスカーフドードリオにレイプされ対あり。
負け。




vs てょ
置き土産の入ったステロワルビルを起点にワカシャモの身代わりスタート。
バトン先のポリ2に麻痺が入ったり威嚇が3~4回入ったりしたものの,ビルドで既に要塞と化していたのでセーフ。
そのまま何匹か突破。
その後出てきたライコウが瞑想型だったので,Aの下がったポリ2を下げてドリュウズにチェンジ。
最後はドリュウズでキレイハナとライコウをボコーして対あり。
キレイハナはアイヘで怯ませました(デジャヴ)
眠り粉搭載型だったので,怯まなかったら負け筋あったかもしれんぬ(デジャヴ)
勝ち。




vs ヌーチェ
初手のペルシアン‐パンプジン対面でこちらはどくどくを選択。
パンプジンはスカーフを巻いたアタッカーでした。HP半分以上持って行かれる。
しかも広角レンズ込命中99%のどくどくを外す。すげェ!
若干浮き足立ったものの,死に出したモンメンの置き土産からワカシャモを展開。
ポリ2へ繋ぎ,途中威張るを躱したりしながら6タテ。
勝ち。





まとめ


・3勝1敗,得失点差により総合1位
・やっぱりケルディオには勝てなかったよ…
・不真面目記事なのに長いっスね
関連記事
スポンサーサイト
雑記・雑感 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。