FC2ブログ
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP使用構築 ≫ 【バトルオブホウエン使用構築】怪獣と男娼

【バトルオブホウエン使用構築】怪獣と男娼

BoH:怪獣と男娼


ええ構築名やこれは…(自画自賛)

男娼とは:金銭と引換に春を売ってくれるロマンチックな男性。ここではサーナイトのことですね。

BoH.png


バトルオブホウエン(以下BoH)用に準備したパーティ。
戦績は24勝6敗のレート1720程度で、100位以内に入っているかどうかのラインあたり。
入ってませんでした…(小声)

ホウエン図鑑に載っているポケモンたちは総じて耐久が低めで、サイクルを何回も回すような立ち回りは難しいといえます。
特にメガボーマンダに対し受け出しが安定するポケモンが居ないことから、多くのパーティが対面チックな並びになると予想しました。

そこで、基本的には対面で強いポケモンたちを軸に組みつつ、短期のサイクル戦で相手のサイクルを崩壊させるようパーティを組んだ結果できたのが画像の並び。
真面目に勝ちに行ったパーティです。そのわりに結果が微妙なのはしょうがないね。


こだわりポイントはサーナイトの性別()




パーティのコンセプトとか


・殴り勝つ
・フルアタまみれ





個別紹介


メガマンダ
ボーマンダ@メガ石 無邪気AS 威嚇→スカイスキン
捨て身タックル/竜星群/地震/ハイパーボイス

画像がでかすぎる、訴訟。
今大会のトップメタ候補の一角かつ最もメタられているであろうポケモン。
予想通り動きづらく選出も渋りがちでしたが、それでも有利対面を作ってからの性能は頭一つ抜けていると感じました。
性格はミラー及びラティ意識で無邪気。
実際にはミラー対面が一度もなく流星群はギャラドスに一回打って外したため、この枠は大文字のほうが良かったと後悔してます。
ハイボはとりあえずで打ってそれなりの火力を出しつつポイヒガッサを吹き飛ばせる良技。
第一の怪獣かつ第一のフルアタ。




バシャーモ
バシャーモ@命の珠 無邪気aCS 加速
火炎放射/ブレイブバード/めざ氷/守る

焼き鳥が居なくなったおかげで動きやすかった気がしないでもない。 
オーバーヒートとかいうマンダの起点にしてくださいと言わんばかりのクソ技や、大文字とかいうクソ外しが約束されているクソ技は採用したくなかったので火炎放射。
しかし低火力によりC特化でもH252メガグロスを確定にできない。
ま、(命中率込みで考えれば)多少はね?
標準装備のめざ氷と守るは確定として最後の技は雷パンチ・地震・格闘技あたりが候補になりますが、
 ・メガライボルトへの威嚇込地震≒火炎放射
 ・珠ダメのせいでマリルリにはアクジェで即縛られる
 ・BoHの環境では格闘技を打ちたい相手が少ない
などから、ミラーおよびルンパッパに通るブレバを選択。一回しか打たなかったけど他の技もいらなかったので問題なし。
第二の怪獣かつ(実質)第二のフルアタ。




メタグロス
メタグロス@突撃チョッキ 意地っ張りHA すけすけボディ
地震/れいとうパンチ/かみなりパンチ/バレットパンチ

数値お化け。
技威力は低いものの、弱点を突いてナンボのポケモンなので実質攻撃力は2倍の400オーバーですね(当然の結論)。
チョッキを着てオシャレになることで一体だけサイクル2週目に突入したり、ライボルトに突っ張ったりできます。
選出率もかなり高く、仕事をしないことが無かったほどの優良ポケ。
ハイボを受ける仕事や電磁波を受ける仕事、流星群を受ける仕事など非常に忙しく働いて頂きました。
第三の怪獣かつ第三のフルアタ。




メガサナ
サーナイト@メガ石 控え目HBc トレース→フェアリースキン
ハイパーボイス/サイコキネシス/シャドーボール/トリックルーム

男の娘。僕のボックスにいるサーナイトはみんな♂です。
ハイパーボイスの通りの良さもありましたが、瞑想ヤミラミ・瞑想ラティアス・ムラムラオニゴーリなどの面倒所を皆々吹き飛ばしてくれるのを期待して採用。期待以上の活躍をしてくれました。
耐久はメガバシャ対面でトリルを張れるくらい。
BoHではメガサナの上から叩いてくるポケモンが多く、トリルを張る機会は多いと考えました。トリルとメタグロスの相性も良し。
SはガッサとのS関係をはっきりさせたかったので無振り。
シャドーボールを採用することで、チョッキorメガでないメタグロスをハイボ+シャドボで大体処理できます。
このパーティではバシャを除き唯一の補助技持ち。




ラグラージ
ラグラージ@オボン 控え目HbCs 激流
大地の力/熱湯/冷凍ビーム/ヘドロウェーブ

意表を突くアタッカーラグラージ。
ラグマンダの並びを意識させることで何度か挑発が飛んできましたが、ありがたいことこの上なし。
欠伸や吠えるなども候補にはありましたが、ラグラージを起点にとれてこのパーティに刺さるポケモンが思い浮かばなかったため無かったことになりました。
BoHの水枠には対鋼性能が求められるため、マリルリよりもラグやミロカロスのほうが動かしやすかったのではと思います。
第四の怪獣かつ第四のフルアタ。




キノガッサ
キノガッサ@気合の襷 うっかりやhbC テクニシャン
マッハパンチ/草結び/めざ氷/カウンター

何だこのポケモン!?(驚愕)
前日夜にふと思いつき、ダメ計の結果それまで入っていたポイヒガッサを押しのけて入ってきたポケモン。昏睡レイプも種飛ばし(意味深)もできない。
BoHでのボーマンダはミラー意識の竜星群の採用が考えられ、つまりDに下降補正をかける個体が多いのではという予想から出発。
D下降補正H4メガボーマンダに対しC特化キノガッサのテクニめざ氷はぴったり確1。
神がこのキノガッサを使って勝てと言っていた(気がした)。
せっかくめざ氷を採用したので、相手ガッサへの後出しをできるだけ安定させるために残りの努力値は物理耐久にガッツリ振りました。
カウンターは後出しされたゴーグルグロス意識。
意表を突く最後のフルアタ。
ネタが切れたらこの個体の詳細記事を書きます。





使用感とか


キノガッサ動かしづらすぎィ!
ボーマンダとぶつかったときは全て一発で突破してくれましたが、他のポケモンへの性能がおちんこすぎる。
もう神なんて信じない。
彼の名誉のために言っておくと、対マンダ・ガッサ性能はテンプレガッサの比ではないです。
ただラグマンダを意識するあまり胞子を切ったのがまずかった。
襷が無いとクチートにすら何もできないとかどういうことだオラァン!
更に彼の名誉のために言っておくと、奇形であったおかげで相手ガッサを後出しから処理して勝てた試合もあり、一概にダメポケとも言えないような…?
選出した試合の7割程度は勝ったわけですし。
もっと彼の名誉のために言っておくと、選出画面にいるだけで相手の選出を強烈に縛ることができるので、そこにいるだけでパーティに貢献していると言っても過言ではないでしょう。

とにかく一度使用してみれば使い勝手が分かると思います。みんな、特殊ガッサを使ってみよう!(ステマ)


短いサイクルを回すためのポケモンとしては、耐久にガッツリ振ったメガサーナイトが非常に使いやすかったです。
相手選出に鋼枠が居なければ一匹でサイクルを崩壊させ、終盤では素早い相手に対しトリル展開での切り返しができる。
強力なポケモンでした。
特にバシャーモとの対面では守る読みトリルが決まりやすく、またトリルによりヤミラミの下を取ることで襷メタバを躱しつつ後続ごと抜いていったり(何かエロい)などの立ち回りもありました。

メタグロスは数値通りの活躍。えらい。技もこれで問題なし。正直、非の打ちどころがない。

ボーマンダやバシャーモも強力でしたが、この二体を同時選出した場合のサイクル戦は若干難しいと思いました。
反動でHPがゴリゴリ削れることもあり、やっぱり死に出しが基本になるポケモンだなあ、と。

 
そもそもね、ぼかぁサイクル戦が苦手なんですよ。





まとめ


・フルアタばかりでも勝てるんだ!
・(ギルガルド不在での)メタグロスはものすごく強い
・キノガッサ君が強いのかどうかこれもうわかんねぇな
関連記事
スポンサーサイト
使用構築 | Comments(1) | Trackbacks(-)

Comment

No title
サナたんハァハァ
ぐじら先生の「キメセクに敗けた娼年」っていう同人誌やばかったです。
ちなみにDMMで700円未満。

最近そっち系見すぎてて帰って来れない感ありますが、マーイーカ。
変態こじらせるとお縄にかかるって相方が忠告してくれてたの思い出しました。

サナのトリル使ってみよう。
今更この記事へのコメント申し訳ないです。
余談ですが、京都寒かったです。
2015.03.17Tue 19:04 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする