FC2ブログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      

≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【S3使用構築】きつねにわとりへびきのこ,うさうさ【最高最終2105】


S3 きつねにわとりへびきのこうさささささ S3.png



ポイヒガッサから構築を組んだ。S3の環境としては

・キノガッサ対策がコケコグロスに代表される不眠フィールド+α,砂,ステロに集中し,一方でラムや寝言,身代わり貫通などポイヒガッサまでを見据えた対策枠が不在である
・対バトンおよび害悪がカバ(吹き飛ばし)・レヒレ(挑発)・アシレ(アリア滅び)に偏った
・S2に幅を利かせていた滅びゲンガーや呪いミミッキュがよりアタッカー気質の型へ移行した
・ウルガモスの固体数減少

があり,不眠フィールドを身代わりでやり過ごす事が可能なポイヒガッサは刺さると踏んだ。カバレヒレアシレに対し処理を急ぐ必要があるので種ガン+ビルドアップ型での採用。

また不眠フィールド下での身代わり連打は有用ではあるものの,HPとPPがゴリゴリ削れるのは実に苦しい。よって身代わり連打をより強い動きにしつつSの補助も行える回避バトン役としてバシャを選択。

バトンバシャに繋ぐ電磁波要員には性能の高いメガで上からの電磁波を読まれにくく,更にバトン選出でなくとも単騎で強いフーディンを選んだ。電磁波メガフーディン+身代わり展開の考えはS2にオニゴーリで結果を出している方がおり,今までの脳筋思考では出て来ない動きではあったがすんなり採用できた。

残りは呪いミミッキュを意識したマジックガードピクシーと対面選出2体をベースとした。が,アホほどピクシーが弱く,またギミック特化がバシャピクガッサの3体も居ると@3で強い対面選出をする事が不可能であった。しかも電磁波役がフーディンのみでは初手電気Zコケコが辛く,最終的にはギミック2(バシャガッサ)・麻痺及び対面2(ジャロフーディン)・対面2(ミミッキュホルード)という構成となった。





個別


alakazam-mega.gif

フーディン@メガ 臆病 マジックガード → トレース
サイキネ/気合球/めざ氷/電磁波
143(100)-×-93(64)-207(92)-125-222(252)

きつね。火力も耐久も削って素早さにガン振りした。後ろのバシャを考えるとスカーフ地面に即処理を受ける事だけは許されないのでめざ氷を持たせている。だがこの構築に対し初手スカガブが出て来てかつ逆鱗を押される場面は考え辛く,他に削れる所も無いため,対ガブはかなり乱数が絡むHBC(183-106ガブを14/16一発,A200一致地震15/16耐え,A182一致逆鱗9/16耐え)となった。この配分で不便を感じる場面は無かったので良い調整だったと思う。

技についてだが,まず電磁波が異常に強かった。S222からの電磁波は外さない限りほぼ間違い無く入り,かつ麻痺さえ入れれば勝てるギミックを仕込んであり,対ミミッキュ・ガルド等を含めても8割程度の相手に有利を取れるポケモンと思いながら使っていた。

また使っていて感じたのが,『即死しない・相手を2発で縛る・有利不利が分かりやすい』というフーディンの特徴は,相手から見た時にZ技消費を促しやすいという所。これがギミック構築と相性が良く,電磁波とZを打ち合った後にバシャを出した際に不意の大火力を考慮する必要が無くなり,初手から身代わりを介さない影分身ができる場面もあった。

不満があったのは気合球。初手で頻繁にかち合うゲッコウガに刺さる技ではあるが,電磁波を持つ以上バトン選出時に気合球を打つ必要が無い。とはいえ対面選出時には球で勝った試合もあるため何ともいえない。候補としてはアンコ・挑発・壁・エナボ(ゲッコウガ1発)を考えたが,どれも決め手に欠けた。最終日は10万にしようと思っていたのだが,そういえばフーディンは10万覚えませんね。エメラルドでは3色パンチしてましたね。

とにかく不意の即死が無くZ技環境でもプランを立てやすいポケモンであり,今後は技,調整はもちろん採用構築の志向も含め開拓が進むメガ枠と思う(S2のコピペ)






バシャーモ

バシャーモ@混乱実 臆病 加速
バトン/身代わり/影分身/守る

にわとり。配分はHS。1900までは光の粉を振り撒いていた神ポコである。麻痺の入った相手に対し身代わりを6回試行しこれが残る確率は18%,粉持ちが4回身代わった場合は同21%である。大差が無いのなら麻痺なしでも身代わり4回×10%回避のクジを引ける光の粉が天下無敵と考えた。おそらく光の粉も効いていたのだとは思うが,効果が実感できないのと先制技が辛く混乱実へ変更。混乱実は水手裏剣に対し少し安定したりするのが偉い。

配分は総合耐久と電磁波外し時の初速を意識しHSとした。Bに寄せると影打ちに,Dに寄せるとコケコに強くなったりするものの,あまり気にしなくて良い様に思う。

イカサマ意識でA下降補正としているが,イカサマ被弾が無かった一方で挑発に乗って悪足掻きする場面はたまにあったので陽気の方が良いかもしれない。






ジャロ

ジャローダ@広角レンズ 臆病 天邪鬼
リフスト/めざ地/蛇睨み/威張る
153(20)-×-116(4)-122(216)-117(16)-181(252)

へび。広角レンズ持ちはキュート。何だかんだ出てこられると面倒なカバレヒレに対し選出圧をかけ,かつ麻痺撒きができて自身がエースにもなれコケコに対面で勝てそうな顔した凄いやつ。

リフストめざ地が対面選出時の,蛇睨みはバトン選出時の役割遂行に必須とし,次に持ち物で迷った。グロスゲッコウガ意識のヤチェ,バシャ意識のオッカ,襷,草Z,竜Zなどの候補があったが,最後の技に威張るを取った時点でレンズが最も有用と判断した。

環境でめざパ持ちジャローダの通りがわりと良いと言う感覚があり,しかし特性上,このポケモンで抜きにかかる場合は命中90技の連打が避けられない。のでレンズを持たせたのだが,これが非常に強かった。削れた相手をリフストでC2↑させながら倒すか命中安定技で倒すかの選択も迫られなくなり,ジャローダの単体性能を跳ね上げる事ができたと思っている。採用されているのを見る機会も無いアイテムだが,事ジャローダに関しては充分に採用候補として挙がる持ち物と言える。

どうしてもミミッキュ入りに対しガッサを出せそうに無い時はこのポッコモが先発になりやすい。ここでミミッキュとかち合った際,打ち合いをしても勝てないので即威張るのが最も強い。

めざパは正直好みで決めればというレベル。何を取っても対応できない範囲は残るので,今回は他との絡みを見て地面にした。

ボックスに居た個体をそのまま引っ張ってきたため配分意図は覚えていない。Cを削ってHに回して,あとは王冠も使った方がいいと思う。






キノガッサ

キノガッサ@毒玉 腕白 ポイヒ
種ガン/ビルドアップ/身代わり/キノコの胞子
155(156)-150-135(180)-×-80-112(172)

きのこ。2加速でフェローチェ抜き,Hはポイヒの基本値,残りB。これくらいBを厚くすると4ビルドからグロスの冷パンに対し身代わりが残ったり残らなかったりする。

予想通り加速したポイヒ種ガンガッサの通りは非常に良く,コケコグロス,グロスレヒレ,カバゲン等々全てこのポケモンで薙ぎ倒した。特に分身を1度でも引き継いだ際の性能は白眉であり,滅び以外に負けた覚えが無い。






ホルード

ホルード@襷 意地っ張り 力持ち
恩返し/地震/冷凍パンチ/電光石火
161(4)-117(244)-98(4)-×-100(20)-128(236)

うさぎのくさそうな方。フーディンコケコ対面に出せる対面志向の地面が欲しかったが,ランドは上手く扱えずガブは力押しが難しく,マンムーでは草結びに対し僅かの不安があったためホルードを採用した。まあ恩返しと地震の範囲が優秀で実に強かった。コケコの草結び(=めざ氷≒マジカルシャイン)をきっちり2耐えするまでDに振り,あとは早くて強くなるように配分。

終盤は環境に存在するランドロスの足が早くなり,上から冷パンを叩き込むという予定通りに事が進まなくなっていた。この構築では対マンダのストッパーもしてもらう場面があったため冷パンを切れなかったが,電気Zでも持たせてワイルドボルトにした方が強かったかもしれない。






mimikyu-2.gif

ミミッキュ@妖Z 意地っ張り 化けの皮
シャドークロー/じゃれつく/剣舞/影打ち
131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

うさぎ(大嘘)。耳が長いので納得してほしい。お兄さんゆるして。

対面強くてストッパーになれるポケモンで,かつ余っていたZが似合うポケモンを探した所ミミッキュが転がっていたので入れた。働きとしてはまあ想像通りで,枠が余っていたら入れればいいじゃんって感はある。

この構築はミミッキュがキツいので陽気にするのも一考。今回はあえて準速にし,対面選出時はミミッキュが処理できないとする事で『ミミッキュ入りにもガッサ選出するぞ』という姿勢を表現した。







選出は基本的にガッサを通します。ミミッキュが呪ってきそうでもゲンガーがいてもレヒレやアシレがいても出します。相手が対策技を持っていない,対策ポケを選出していない時点で9割勝てるのだから出します。ただボーマンダだけはかなりキツイので,マンダ軸には選出を躊躇いがち(何回か出した)。

最近の僕の並びと見比べると実にKPと種族値が低そうな感じになりましたが,みんな強くて嬉しかったです。あと初めて2シーズン連続の2100に乗れたのも嬉しかったです。育成すらロクにやっていなかったのが最後3日で1600→2100まで行けたのも嬉しかったですが,もっと早くレートを上げていればも少し上に行けた感触もあったので,準備はちゃーんとした方がいいなぁと思いました。



あと呪いミミッキュには1回も勝ってないと思います。対策してないしそうですねって感じある。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。