FC2ブログ
2016年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年12月
ARCHIVE ≫ 2016年12月
      

≪ 前月 |  2016年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ポケットモンスターSMストーリー雑感/二つの信仰が入り混じる舞台で


今,妄想が爆発する。

(クリア後のストーリーはやってないので知りません)





今作の舞台となったアローラには,古くからの信仰が非常に強く根付いていました。それは4体のカプを神と定め,与え与えられ,時に共に戦うパートナーとなる形のいわゆる土着信仰である,というのはSMをプレイした全員が感じていた事でしょう。土着信仰とは即ち土地には古来より土地の神が存在し,悪しき物は土着神により排除されるという考えに基づきます。自然信仰を根底に持つ,世界各地に見られる普遍的な考え方です。


kerorin.jpg
画像は土着神の頂点たるケロちゃん。


今までも力あるポケモンを神とするストーリーはありましたが,SMは神が神として存在し人々の前に姿を現し,また生活にも干渉しうる点で一線を画している,要するにカプを信仰しない確たる理由が存在しないという点が異質なものとして感じられました。

しかしアローラにある信仰の形態は土着信仰だけではありません。ストーリーが盛り上がる中でルザミーネが見せたUBへの執着,別の世界から来る者を信仰の対象とする稀人(マレビト)信仰です。稀人信仰において信仰の対象たる稀人は必ず異界からの来訪者である必要があります。それは時に神霊界であり,彼岸であり,幽世であり,ウルトラホールの向こう側もまた紛れもなく異界と言えるでしょう。こちら側の人々は異界から来訪する稀人を客人としてもてなし,そこに何らかの利益を得ようとする,というのが基本の形になります。


KNKSM.jpg
画像はフレンチクルーラーの神霊。


所で,土着信仰と稀人信仰は両立ができない訳ではありません。むしろ土地やそこに住む者に対し害をなす存在は土着神が進入を許さないという後ろ盾があるからこそ,その中で「こちら側」に来た存在を稀人と扱う事ができる,という考え方もできます。ですがSMにおける土着神,カプはルザミーネにとっての稀人たるUBの侵入を許しませんでした。ここに土着の神と(ルザミーネにとっての)稀人の対立が確定します。

では主人公はどちらの側に立っていたのか。UBの排除に加担した事を見れば,稀人側を支援する立場でなかったことは明白です。ではカプ(土着神)側だったのか。それも違うと僕は思っています。作中で主人公とカプは共に戦っておらず,主人公がルザミーネ,UBと戦う理由はリーリエが望むからと言う一点に集約されています。さらにウルトラホールを開ける際に手を借りたルナアーラ(ソルガレオ)はアローラでの土着神的な信仰を受けるUB(稀人)であり,明確な立場を持ちません。主人公は自身の信仰の矛先がどっちつかずなままに物語に巻き込まれ,これを解決したと見ることができます。ですがこれは主人公の内面的な立場の話であり,外部から見た主人公の立場は稀人側に振り切っています。なぜなら主人公もまたアローラの人々にとっては稀人なのだから。


人を稀人として扱いもてなす信仰形態は世界に見てもそう珍しい物ではありません。「今,ここの世界」以外を「異界」と言えばその壁は厚く感じますが,「ここではないどこか」と表現すれば稀人信仰の曖昧な適用範囲が伺えるかと思います。その根底には外部の知識や技術を得ようとする経済的背景と,外部の血を入れる,血の濃縮を防ぐという遺伝的背景が存在しており,アローラの島巡りの文化,旅行客や島巡りを強く歓迎する文化からは人に対する稀人信仰が強く現れている…と,少なくとも僕は感じていました。アローラという土地が孤島であり,外部との交流が少なかったであろうと感じたのもこの考えを持った理由の一つです。

すなわち,『アローラに住む人々の中には「カプに対する土着信仰」と「ここではないどこかから来る者に対する稀人信仰」の2つが存在しており,その中でカプに拒まれた稀人の成り損ない(UB)を稀人である主人公が退治する』というのがSMのストーリーであった…というのが僕の考えです。島キングやハウなどの,いかにもアローラな人々(大多数のモブ含む)は土着信仰に,ルザミーネは稀人信仰に強く寄り,外部の知識や文化を求めるククイ博士とリーリエは中立と言えるでしょう。そして大なり小なりほぼ全ての人に稀人信仰が根付いていたため,主人公は行く先々で歓迎を受けたのだ,と考えるとしっくり来るのではないでしょうか。


ですがアローラで唯一,主人公に対し初対面から最後まで徹底した敵意を向けた人物が居ます。グズマですね。カプに認められず自らもカプを認めず,当然カプが認めた稀人も認めない。ルザミーネと共にUBの世界へ行き,しかし彼らを信仰する事もできない。グズマは作中でただ二人の信仰が無い人物として描かれています。もう一人は主人公です。一部では『ただのDQN』『予想以上にチンピラ』『博愛という言葉が人の形をしているグズマさん』と馬鹿にされていますが,僕はグズマが好きです。格好良いじゃあないですか。周囲の誰もが心の拠り所を持つ中で,どこまでも一匹狼で,でもポケモンは大好きで…。



GZM.jpg
画像は博愛と言う言葉が人の形をしているグズマさん。



グズマさんをダイレクトマーケティングした所でこの記事は終わります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。