FC2ブログ
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月
ARCHIVE ≫ 2016年07月

【シングルS16使用構築】行動保障の無い対面構築は難しいなって

最高,最終ともに2007という何とも言えない結果。ポケモンをやっていて初めてキリの良い数字に達すると同時の撤退をキメており,今季は本当に勝ちきれず苦しかった。たぶん周りの人が強くなったからだと思うんですけど(名推理)

S16・行動保障アンチ

S16.png

構築単位で初手ガルーラを誘い,そこから主導権を握ろうという考えのアレ。少し王道を外したポケモンこそ多いものの個々のスペックはかなり高かった。反面並びが弱い感じ。



個別

メガル

ガルーラ@メガ石 意地っ張り 肝っ玉→親子愛
203(180)-190(220)-134(108)-×-120-120
秘密の力/噛み砕く/ドレインパンチ/不意打ち

構築軸かつ唯一のメガ枠。行動保障があるので強い。調整はS11の流用だが,Hを削ってABSに回す,精神力ガルーラ意識でSをメガ前118まで落とすなど改善の余地はある。
ミラーでは基本的に後述のガブゲンに引いていたが,最悪引かないままでも戦えるのが重要と思っているのでB振りは重要。合わせてドレパンも搭載し,副産物として全体で重いポリ2にも有利な戦いができるようになった。





ガブ

ガブリアス@ゴツメ 陽気 鮫肌
191(60)-164(108)-126(84)-×-106(4)-169(252)
地震/逆鱗/岩石封じ/剣舞

ずいぶん前に育成したやつ。技構成は大きく変更し,剣舞を持たせ相手への負担を最大に取った。
ガルーラへ後投げすることで猫・グロウ・ドレパン・捨て身・ゲンガーバック読み砕く全てに大きくアドを取れるポケモンであり,カバと違いそこから冷ビで突っ張られても何ら問題ない。こう書くと強そうだし実際ガルーラには強かったが,選出からゲッコウガやスカガブに臆する点,本来対面ガブが担う『崩し(襷剣舞)』 『ストッパー(襷・スカーフ)』 『フィニッシャー(スカーフ)』全てが曖昧な点で選出時の脆さがあった。




ゲンガー

ゲンガー@命の珠 臆病 浮遊
135-×-86(4)-182(252)-95-178(252)
シャドボ/気合玉/身代わり/道連れ

昨シーズンから変更なし。主にガルーラへ後投げから全力ストレートで吹き飛ばしにかかるのが仕事。制球難に苦しみ,何もできないままガルーラに噛み砕かれる姿が度々目撃された。
ガルーラがASまたはD下降補正に偏ったためぶっ刺さると踏んだが,S15の珠ゲン流行から日も浅いためか,立ち回りで強く警戒されていると感じた。対面時の即不意打ちが何度かあり,これを恐れ身代わりを見せると裏からスカガブが出てくる。居座ってくるガルーラは耐久振りだから気合玉を当てても生き残っていたりする。珠ゲンガー株の先行きは不透明である。




ボルト化身

ボルトロス化身@襷 臆病 悪戯心
155(4)-×-90-177(252)-100-179(252)
10万/めざ氷/威張る/電磁波

昨シーズンから気合玉→電磁波へ変更。さすがに1チームで制球難を2体抱えるのは苦しいと気付いた。行動保障があるので強い。
苦しい展開になると相手を怒らせる癖がある。




にんじゃ

ゲッコウガ@ラム 無邪気 変幻自在
149(12)-116(4)-108(164)-138(116)-81-185(212)
熱湯/冷ビ/悪の波動/影打ち

信用可能ゲッコウガをベースに色々いじった。行動保障はあるようで無い。無い(断言)
今季はゲッコウガのSラインが上がっているように感じ,現に対面は全て上を取られている。なぜこの技構成で突っ張るのかと聞かれれば,引き先が無いからですと言う他ない。




ガルド

ギルガルド@弱点保険 呑気 バトルスイッチ
167(252)-73(20)-220(236)-70-170-69(S個体値24~25)
シャドボ/聖なる剣/キンシ/影打ち

配分および技構成はつかじゅん氏のブログ記事【呑気HB弱点保険ギルガルド】を参考にした。行動保障がキモいほどかかっており強い(キモい)。素早さに関してはカバルドンを狙っており,どうせブレード状態でも無振り地震は耐えるのだからと上を取ってみた。
氏のブログで書かれるように『メガバシャのフレドラを耐える』 『3割ほどHPか削れてもガルーラの地震を耐える』と言った点は当然強かったが,他には『1舞メガハッサムの叩きをだいたい耐える』 『珠ドリュウズの地震も耐える』 『グライオンの地震をブレードで耐える』などが強力であった。特に最後は偉く,ガルドをグライオンに一任する受けルには負けた覚えがない。
この生き物を後ろに控えさせることで,物理エースを据えた起点構築に対しても1積みならどうとでもなるという安心感が持てる点も評価が高い。






スカガブ,舞ウルガモス,珠バシャなど重い相手は多かったが,各々のスペックが高く可能性は感じた。今まではレート2000を最低限,2100を目標と設定していたが,ORAS環境は次が最終になるようなので,もう100ほど設定を上げて臨みたい。

スポンサーサイト



東方鈴奈庵/少女たちの靴を始点に妄想を広げようの会


このブログはポケモンブログだが,東方記事を書かないとは言っていない。言っていないのだ。


と言うことでスタート☆

東方鈴奈庵のキャラクターたちが履いている靴の種類・デザイン等から,その靴を履くに至った背景やなんやかんやを考察(1割)・妄想(9割)しようという靴オタ特有の試み。
東方好き,靴フェチorオタいずれも当てはまらない人は読んでもしょうがないよ。



以下の妄想は

小鈴・霊夢・魔理沙・レミリアetc…

・ストラップorリボンシューズ

suto.jpg ribon2.jpg ribon.jpg

幻想郷のスタンダード of スタンダード。人妖問わず着用される。足の甲の一文字で抑えを利かせるストラップシューズと,甲の少し上で結ぶリボンシューズに大別される。リボンは人外の方が大きめになる傾向がある(気がする)。がふっとしているがダルっとはしない不思議な靴下もセットで使用される。
スタンダードとはいえ和装のモブ町人たちがこの靴を履いている描写はなく,メインキャラクターたちとの生活の解離具合が見て取れる。



みたいな流れで,発想の飛躍をに含みつつ進めていきます。気になった靴しか取り上げません。





本居小鈴


Uキャップブーツ

kosu.jpg kosu6.jpg

 鈴主人公のデフォルトブーツ。一見地味だが,実は変わったデザインをしており洒落ている。通常,靴の爪先は 装飾なし・ストレートチップ(キャップトゥとも言う)【1】・ウイングチップ【2】に大別されるが,この靴は明らかにこれらと異なる装飾がなされている。近いデザインとしては1950~60年代に流行したU-ウイング【3】が思い当たるが,これはあくまで革靴にされる装飾でありブーツは見たことがない。どちらかと言うと,爪先の補強革の形を変えてしゃれっ気を出した,と言う程度の感じがある。古書店での労働は爪先をぶつけることも多いのだろう。


kosu9.jpg

紐を結んだまま靴を脱いでいる。ずぼら!





博麗霊夢


・ツートーンロングブーツ

rei6.jpg rei7.jpg rei8.jpg 

霊夢のデフォブーツにして実に僕好みのブーツ。紐の締め方はハトメ【4】。白黒のツートンカラー以外に変わった所は特に無いが,その色に妄想のし甲斐がある。というのも幻想郷の往来は土が剥き出しであるため,汚れが目立つ白の靴をわざわざ町人が生産するとは考えにくいためである。
例えば人里の靴職人から奉納された一点物であるとか,霊夢本人が紅白のカラーに合わせ二色でオーダーしたとかの解釈ができるが,僕としては魔理ちゃんが一枚噛んでいるという展開を押したい。靴を買いに行く霊夢に勝手に付いていった挙句,茶色は地味とかなんとか言いながら自分と同じ白黒のブーツを特注させたんだ…。霊夢も文句は言いつつ,そのコントラストが霞まないよう手入れを欠かさないんだ…。
絵の才能があったらこれで薄い本書いてた。



・ローファー

rei10.jpg

普通のローファー。見逃してはいけないポイントは,ストラップシューズが全盛の幻想郷においてローファーの存在が認められるのは12~13話の霊夢のみという事実である。実はとっても貴重なシーン。ストラップシューズがどこか幼い印象を与える一方,ローファーからは女子高生,すなわち少女と大人の過渡期にあたる年齢が連想される。鈴霊夢の大人びた魅力はこんな所にも由来するのかもしれない。そんなふうに考えているのは僕だけなのかもしれない。




霧雨魔理沙


・エンジニアブーツ

mari8.jpg mari11.jpg

スタンダードなデザインのエンジニア。割とよく履いている。魔理ちゃんはこのブーツに限らず『高さがあり』『紐が無い,または紐を締める必要のない(後述)』靴を好んで履く傾向がある。性能の面では,高さはそのまま防護できる面積に,結び目のカットは歩く際に紐を突起・物品等に引っ掛ける事の予防に繋がる。魔法の森やマジックアイテムの散乱した部屋を掻き分け歩くには,こういったタイプの靴が適していたということだろうか。しかし一般に紐の無いブーツはフィット感で劣り,特に機動力は紐ブーツの足元にも及ばない。現に25話で小鈴の元へ急ぐシーンでは,霊夢に大きく後れを取っていた。

mari10.jpg

妖怪退治≒弾幕戦である魔理ちゃんと,妖怪退治が時に地上戦,殺し合いになる霊夢の差がはっきり表れた場面と考えられる。



・三点フックブーツ

mari12.jpg mari13.jpg

謎多きブーツ。紐の締め方はフック【5】だが,一番上のフックに掛けた紐をどうやって締めているのかが分からない。ハトメであれば穴に通した紐を靴の内側に入れていると解釈できなくもないが,フックでこの方法を取れば紐がすぐ外れてしまうように思う。これは完全に飾りの紐であり,固定されているため解きも結びもしない,と考えるのが一番しっくりくる。



・わらじ

mari16.jpg

どぜうすくい人の正装。




東風谷早苗


・フロントボタンロングブーツ

sana10.jpg sana8.jpg

くしゅっとした質感のロングブーツ。ボタンが脛側に並ぶデザインも少々変わっているが,それ以上に気になるのがボタンはあれど革の重なりが無い点である。バックショットが無いため断定はできないが,見える範囲では革を縫い合わせた形跡もない。これほど大きな一枚革を切り出し,さらに柔らかな加工を施した上でブーツを作るのは幻想郷において難しい仕事の様に思われる。とすれば素材は人工皮革か。
人工皮革を用いた靴が現実の世に登場したのが1900年台半ばを過ぎた頃であることを踏まえると,幻想郷に早苗さんブーツを生産する技術は無いと考えるのが妥当である。つまりこのブーツは外の世界の物であり,幻想入り以前からずっと早苗さんのおみ足を守ってきたお気に入りブーツと言えるのではないか。これから先どんな靴を履こうとも,外の思い出が詰まったこのブーツは宝物,みたいな感じの薄い本ください。




聖白蓮

・SHIBARI

hizi7.jpg hizi6.jpg

なぜこんなデザインの靴を選んだのか。どう見ても緊縛されている。緊縛からは行動の制限やマゾヒズム,あるいは自身への戒めが連想される。死を恐れ禁術に手を出した自分への,それを忘れないための戒めの象徴としてこのデザインを選んだのであろう。お胸の紐も,徳の高いおっぱいを戒めるための物だろう。




射命丸文


・天狗の短靴

bun3.jpg bun2.jpg bun7.jpg bun6.jpg

似たようなデザインの靴が数種類ある。爪先の装飾はウイングチップ【2】を逆転させたような形だが,その谷間部分から一本線が伸びるものとそうではないものだ。設定資料ではっきりと描き分けられているため,これを描画ブレとは考えづらい。この時点で『1:線なし下駄靴』と『2:線あり短靴』の二種類が確定する。更に初登場時に履いているのは『3:線なし短靴』であり,33話トビラでは『4:線あり下駄靴』が確認できる。同じような靴を持ちすぎている。基本的に妖怪時は下駄,人里では短靴と使い分けがされており,河童の技術や天狗の神通力で任意に靴のフォルムチェンジが可能とこじつけることも可能。まあ本当に4足を使い分けているのかもしれない。




封獣ぬえ


・ぬえちゃんのリボンシューズ

nue9.jpg

一見すると普通の可愛らしいリボンシューズだが,そんな事はどうでもいい。問題はここ。

nue8.jpg

ぬえちゃんかわいい(吐血)
正体不明がウリのぬえちゃんが自分で靴に名前を書くだろうか。やや違和感が残る。やはり聖さんが,寺で靴を脱いでも分かりやすいようにこっそり名前を書いてあげたと言うのが最も,こう,クる物がある。恥ずかしいとは思いつつ,聖さんに借り(負い目?)のあるぬえちゃんは強く文句も言えないし,嬉しいような気持ちもあってこの靴がいつしかお気に入りになっていたりすると凄くイイ。ディ・モールト。




川城にとり&モブ河童

・かっぱのブーツ

nito7.jpg nito6.jpg

他とは明らかに違う質感描写,徹底的に無駄を削ぎ落としたフォルム,ズボンを in するスタイル…。ゴム長である。なぜ水中で活動する河童が長靴なのか。濡れ以外の物を嫌ったとすれば,畑仕事の際にも着用していたことを踏まえ泥汚れを意識していると考えるのが妥当である。水に入れば落ちるのに。河童はきれい好き,よってにとりはいいにおい。Q.E.D. 495年の波紋。




おわりに

久々に本気で記事を書きました。