FC2ブログ
2015年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年06月
ARCHIVE ≫ 2015年06月
      

≪ 前月 |  2015年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

イカサマイバンの悪いバンギラス

バンギラス


バンギ

ステータス(努力値):205(236)-169(116)-130-×-154(156)-81
技構成:イカサマ/噛み砕く/追い打ち/吠える
性格等:慎重@イバン 砂起こし


火力
 イカサマで
  HB4振り陽気メガガルーラを低乱2(43.6~51.9%)
   →イカサマ×2+砂×2で2連最低乱数時以外倒す
  HB4振りA特化メガガルーラを高乱2(48.1~56.9%)
   →イカサマ×2+砂で確定   
  グロウパンチを打ったメガガルーラに対し砂込みで
   →陽気AS中乱1(87.8~103.3%),意地AS確1(96.1~113.3%),209は低乱1(83.3~93.1%)
  剣舞1積みASガブリアスを中乱1(92.3~109.8%)

 噛み砕くでH252振りメガゲンガーを砂込み14/16で倒す(91.0~109.0%)
 成功追い打ちでのダメージは同上
 失敗追い打ちでH252振りメガゲンガーを中乱2(46.7~55.1%)
  →失敗追い打ち×2+砂で2連最低乱数時以外倒す


耐久
 無振りメガゲンガーの気合玉を確定耐えかつ14/16でイバン圏内に入る(74.1~87.8%)
 C252振りメガゲンガーの気合玉を15/16で耐える(85.9~101.5%)
 A特化メガガルーラの地震orグロパンを確定で耐えつつイバン圏内に入る
 陽気メガガルーラの地震でほぼ確実に,グロパンでも有利な乱数でイバン圏内に入る





イバンを持たせてイカサマを採用することにより,気合ボールメガゲンガーとグロパンガルーラを両方処理できるようになったバンギラス。
反面鬼火が入ると大変なことになる。

元々は イカサマ/大文字/冷ビ/なんか みたいなのを考えていましたが,調整を変えて受けルで使った方がいい感あったため生まれた。
調整は至って普通のもの。

受けループでの採用を前提にしているため追い打ちは確定であり,メガゲンガーへ後出しした際の気合玉被弾を考えて噛み砕くも両立しています。
悪技3ウェポンが最高にわるそう。
起点回避の他にもいろいろ役立つ吠えるは外せない。

岩技や電磁波がほしい場面はありますが,それらを採用するよりはメガゲン・メガガルに厚くしたかったためこの技構成で落ち着きました。





使用感


どこにでもいるガルゲン2メガっぽい並びに対し,初手で出すこともできるのが偉い。

吠えるの採用によりゲンガナンスに対しても強気で初手に置くことができ,相手がゲンガーだったら追い打ち連打,ナンスだったら大体アンコから入ってくるので透かしつつ吠える,ポリ2など低火力相手でも吠えると行動することで五分の勝負ができていたと思います。
吠えた結果ゲンガーではなくナンスが出てきてしまったときは負け濃厚。

技構成はこれで困る場面よりも助かる場面が多く,相手のラス1ガブリアスやマリルリ(こちらよりも早いやつ)に対し相手積み→イカサマと動けるのは単純に強かった。
マリルリはラス1でないなら素直に吠えましょう。

また受けループの大敵である身代わりメガゲンガーに対し,
こちらバンギ出し→相手身代わり
相手ゲンガーバック→バンギ吠える
で確率1/2のゲンガー処理ルートを残せるのも嬉しい。

噛み砕くを打つ場面はそう多くはないため変えるならここですが,有ると無いとではゲンガーへ受け出す時の安心感が違うこと,単純に特殊アタッカーへの最高打点であることから変更には至りませんでした。

イカサマを切るなら持ち物もラムでいいでしょう。
その場合はグロパンガルーラがどうしようもなくなるので電磁波が必須になります。





まとめ


 ・ガルーラに強くてえらい
 ・気合ボールは思いのほか飛んでこない
 ・吠える押した時でもイバン食べるのほんとひで

スポンサーサイト
育成個体 | Comments(0) | Trackbacks(-)

萌え豚式XY♀主人公服装雑感

凄まじい今更感だが,思いついたのがこの間だったので仕方なかった。

各アイテムに対し,こういう構築で使いやすかった,この並びが良かった,どうやってもダサいみたいな感想を書いていきます。
もちろんすべて主観。

真面目に書くのでたぶんクッソきもい記事になります。というかします。
しかも無駄に長い。





帽子


帽子まとめ


①:カノチェ
シンプルな形と豊富な色展開,さらに適当な構築に入れても小洒落た雰囲気を出せるなど,扱いやすく採用が容易なアイテム。
デフォルト服でもあるサングラスを筆頭に相性の良い並びが多く,カノチェによって全体のイメージが崩れるということはまずない。
反面構築の主役になることは少なく,最後に色を合わせる,あるいはシルエットを整える目的で採用要請が挙がることの方が多い印象を受けた。
化身ボルトロスやスイクンのようなボジションと考えれば分かりやすいかもしれない。



②:キャスケット
これもカノチェと同様,比較的採用しやすいアイテムである。
しかしながらシルエットの細い服装には若干ミスマッチであり,ボリュームのある服装に合わせればより光ると感じた。
小物の中では羽飾りとの並びが良く,この辺りを軸に考えると良い構築になる。



③:エスニックキャスケット
形はキャスケットであるが派手な模様が入る分目につきやすく,当然主張も強いため,自信を持って良い並びと言えるものは少ない。
エスニックカットソーとの組み合わせは分かりやすく相性が良いと言えるが,逆に言えばそれ以外のアイテムと完璧に合わせるのは難しいということである。



④:キャップ
カジュアルな服装,特にミニキャミソールとの並びは鉄板であろう。
夏服を意識した構築を組む場合に採用されることが多い。
パリッとした服装,ふわっとした服装いずれにおいても採用し辛くはある。



⑤:中折れハット
一見カノチェと同様『適当に被っておしゃれ感を出せるアイテム』に見えるが,思った以上に難しいデザインであった。
シルエットがシンプルな線ではないため目に留まりやすく,全体で見たときに違和感を感じやすい。
構築の最後に頭に載せたがしっくりこなかった,という経験をしている方も多いのではないだろうか。
この帽子を採用するのであれば,一から専用構築を作るのが最も手っ取り早い。



⑥:ストローハット
萌え豚的には麦わら帽子と白ワンピの王道を往く並びを採用したい。
しかしXY環境に白ワンピは存在しないため,強い並びを作るのは難しい部類であろう。
やはり夏服を意識したときに採用要請が出やすい。





トップス


トップスまとめ


①:ボーダータンクトップ
合わせは比較的容易ではあるが,どんな並びでも普通である。
ラフで実際にありそうな雰囲気を出したいときに採用されうるアイテム。



②:マイクロ丈パーカー
素敵なお腹を堪能できるデザインであり,スキニージーンズとの並びが好相性。
しかし夏服とするには生地の厚さがやや不似合で,背景まで含め違和感なく採用できる場面は思ったよりも多くない。



③:ミニキャミソール
ラフな夏服はこのアイテム一強である。
以上。



④:ボールロゴTシャツ
部屋着かな?



⑤:ストール付きカットソー
大人っぽいと見るかおばさんっぽいと見るかは人それぞれである。
僕は後者。
しかしカラージーンズ等との並びは決して悪くなく,シルエットの統一感もあり構築に隙が生じにくい。
好みによっては十分採用価値のあるアイテムであろう。



⑥:ハデストールカットソー
いや~キツいっす。
旦那の稼ぎだけが自慢の専業主婦が着ていそう(偏見)



⑦:エスニックカットソー
エスニックと銘打ってはいるものの,エスニックキャスケット程には並びを選ばない。
ショートパンツ+キャスケット(エスニックではない)+羽飾りの並びはプレイ中盤でよく使用していた。
ミアレの高額アイテムを使わなくともそこそこの構築を作ることが可能な点は強みである。



⑧:リボン付きプルオーバー
一押しアイテム。
色展開は少ないものの良い色が多く,またシルエットが他に無い物なのでそれだけで採用価値があるといえる。
しかし色は淡色がちであり,下手な並びでは周りの色に押されるケースが有ることは記憶に留めておきたい。
また胸部のリボンが思いのほか大きく,この服を軸に据えた場合に悪目立ちするきらいがある。
よって採用の暁には専用構築を組むのが妥当であろう。



⑨:フリルキャミソールorタンクトップ
フリルのついたトップスはこれ以外になく,上半身にフリルを欲すれば自ずと採用要請が出るアイテムである。
また数少ないボディラインの出ないトップスでありながら,肩から手にかけては露出している部分も他にはない特徴である。
可愛らしさを全面に押し出すタイプの構築には打ってつけであるといえよう。



⑩:ノースリーブニット
特筆すべきはその凄まじい単体性能の高さ。
圧倒的に大人びた雰囲気,洒落たデザインはシンプルでありながら破壊力抜群である。
しかしXY環境の限られたアイテムでは強い並びを作ることすら難しく,ついに納得のできる構築を仕上げることは出来なかった。
悔しいので今からもう一度トライしてきます。



⑪:リボンタイ付きブラウス
エロゲに出てくる制服っぽい。
デザインは可愛らしいし乳袋らしきものもあって悪くはないが,レート戦で見ることが多かったので個人的には絶対に採用したくない
僕はひねくれ者なので。



⑫:ネクタイ付きシャツ
メンズライクな一品。
良い並びはわりと作りやすく,小洒落た雰囲気の出せるアイテムである。
しかしこれは構築の軸に据えるタイプの物であるため,他のアイテムが自然と似たものになりやすい。
特に青のネクタイ付きシャツではこの傾向が顕著であり,紺と赤で全身を揃えたトレーナーはレート戦でもよく目にしたのではないだろうか。
相性を重視すれば自ずとこうなる,という意味ではガルクレセドランみたいなものであろう。
なのでこのアイテムを採用する場合,基本を少し逸脱するか,あるいは他人と被っても構わないと割り切る心が必要になる。





パンツorスカート


パンスカまとめ


①:ツートンカラージーンズ
思いの外に扱いづらいアイテムという印象を受ける。
リアル頭身時の見た目が老けて見えやすく,全体の雰囲気を考えつつ並びを作る必要がある。
個人的には若作りおばさんというイメージがつきまとう。



②:スキニージーンズ
やはり大人びた印象を抱かせやすいアイテムであるが,ツートンカラージーンズと異なり派手さはないため若作り感は薄い。
ジーンズを履くならこちらが採用しやすいだろう。



③:ボールドラインパンツ
地雷アイテム。
ネクタイ付きシャツとセットで売っていることもあり間違いのない並びに見えるが,これを履いた時のリアル頭身はパンツがフィットしすぎていてバランスが良くない。
これを着こなしているトレーナーは見たことがなく,採用自体が構築の完成度を落とすと言って差し支えの無いレベルと思っている。



④:デニムショートパンツ
デザインに際立つ部分はないが,色展開が豊富であり邪魔をしないデザインとも言える。
それゆえ色合わせを理由とした要請が多く,構築の終盤に入ってきやすいアイテムであろう。



⑤:クロスステッチパンツ
一押しアイテム。
デザインに派手さはないがクロスステッチのワンポイントが可愛らしい。
色展開の少なさは大きな弱点だが,着こなすのはそれほど難しくないだろう。
同系統の茶系,あるいは淡色と好相性だが,それだけで全身を固めるとぼやけた雰囲気になるので差し色は必須である。



⑥:デニムミニスカート
スカートを選ぶなら他のアイテムで良く,デニムが欲しい時も他の物が選ばれやすい。
採用の機会は多くないだろう。



⑦:フリルorサテンティアードスカート
フリル物のスカートは選択肢がそれなりに用意されており,これもその一つ。
可愛らしいデザインでアピールがそれなりに強いため,他のアイテムもつられる形でかわいいものになりやすい。
サテンティアードスカートはフリルティアードよりも線がシンプルであり,合わせる服装に幅を持たせやすいと感じた。



⑧:裾フリルスカート
フリルスカートその2。
並べて見ると分かりやすいが,ティアードスカートよりも若干ボリュームがある。
色が赤とオレンジの二色と強いため,ボリュームと相まって単品のアピールが比較的強い部類に入る。



⑨:プリーツスカート
王道を往くアイテム。
これ自体に強い主張はないが,並びをあまり選ばないのでそこは他の部位に任せるべきであろう。



⑩:スイートプリーツスカート
シルエットはプリーツスカートと変わらないが,色が混ざることによって若干主張が強まっている。
よって適当な並びに入れた時に違和感の元になりやすく,採用には注意が必要である。
これをうるさく感じさせない並びは強いものになると思うが,私は上手くいかなかった。
これ以上派手なスカートは無理。



⑪:チェックプリーツスカート
チェックの目が大きく,地下アイドルを髣髴とさせる。
私の中では絶対に採用のない部類に入る。





ワンピース等


ワンピ類


①:ハイウェストアンサンブル
決して悪くはない。
悪くはないがデフォルト服がこれであるため,わざわざ着せ替えてこの服を選ぶ必要もない。



②:ダブルコートワンピース
色は紺のみ。
エイセツシティ等でお世話になった方も多いのではないだろうか。
防寒服で落ち着いた色,かつ黒や茶以外となると自然と採用される。



③:トレンチコートワンピース
やはり防寒服で黒か茶を選ぶとこれしかない。
正直もっと選択肢が欲しい。



④:ガールズコートワンピース
これも防寒服だが,上記2つとはデザインの指向が決定的に異なる。
可愛らしいデザインの防寒服はこれ一つである。



⑤:ミニブラックドレス
非常に難しいアイテム。
リアル頭身では悪くないように見えるが,黒面積が広すぎるため三頭身グラフィック時になんとも重たい印象になりやすい。



⑥:ラメフリルorレースボレロワンピース
無い。特にラメフリル。





ソックス&タイツ


ソックスとか


①:ハイソックス
普通。
色展開が豊富で合わせやすいが,なんにしても普通。
スニーカーとの並びは悪くないが,個人的にスニーカーにはレギンスを合わせたいため採用はまずない。



②:レギンス
レギンス+スニーカー+ショートパンツ等の並びは非常に活発な印象で良い。
色は黒のみ。遺憾である。



③:タイツ
王道を往く黒タイツという選択肢。
意外と色展開が豊富であり,選択次第では構築の主軸になる。
オレンジで一つ作りたかったが駄目だった。



④:パンクオーバーニー
単品でオシャレアイテム。
しかしこれと相性のいいアイテムが少なく,隙無く全身をまとめるのは難しい。



⑤:オーバーニーソックス
萌え豚一押しのアイテム,ぼくも一押しのアイテム。
ショートパンツやスカートと適当に合わせてもしっくりくる。
しかしそれは白や黒を選んだ場合の話であり,やはり色次第では主軸になりうる。
赤や緑を採用した構築は気に入っている。



⑥:1ラインオーバーニー
足は太ももから足首まで(あるいは爪先まで)の縦のラインが魅力だと思っている。
一本の横線は邪魔でしかない。



⑦:ボーダーオーバーニー
ここまでボーダーだと逆にアリかもしれない。
私はナシだと思いますけど。



⑧:サファリ柄オーバーニー
インパクトは十分であり,構築の軸となるアイテムであろう。
しかし相性のよいアイテムの数が少なく,違和感なく着こなすのはXY環境においてほぼ不可能である。








靴まとめ


①:ハイカットスニーカー
色,デザインともに活発な印象を与えるアイテムである。
冒険の序盤はこれが最も可愛い並びを作りやすい。



②:ストラップパンプス
女の子の靴の中では定番といえるアイテム。
対応範囲もわりかし広いが,中でもフリルスカートやリボンタイ付きブラウスとの並びは鉄板であろう。
ぽてっとしたグラフィックが可愛らしい。



③:ミニリボンローファー
これもまた定番アイテム。
やはり対応範囲は広く,ストラップパンプスよりも単体の主張は弱め。
それゆえに並びを作る相手は選ばない。



④:ジェントルマンシューズ
一押しアイテム。
男物のデザインがベースであるためか採用をためらわれている印象を受けるが,それが違和感に繋がるようなことはあまりない。
数少ないツートンカラーの靴であり,足元に落ち着きある色味を持たせたい時などはむしろ真っ先に採用候補になると感じている。



⑤:ジョッキーロングブーツ
冬服で履かせたい。
もちろんそれ以外でも採用候補に挙がることはままあり,ボリュームある靴でシンプルなデザインとなれば自ずと要請が出るだろう。
桃色があれば四世代♀主人公ごっこができただけに何とも惜しい。



⑥:サイドジップロングブーツ
よく見るとジップがついているが,ジョッキーロングブーツとのグラフィックの差は微々たるものである。
あと個人的にジップブーツが嫌いなため採用はあり得ない。



⑦:編み上げロングブーツ
やはり冬服との並びがいい。
リアル頭身の際の主張がやや強いアイテムであり,コートなど以外と組み合わせた時は思いの外目立つ。
薄手の服と合わせての構築を組む際は,このアイテムを軸とするか(目立たせるか)否か,という部分から考えるとまとまりやすい。





バッグ


バッグまとめ


①:トートバッグ
主張のないデザイン,バッグの中では豊富な色展開と汎用性のあるアイテム。
特にオレンジや黄色は他にない色であるため,有無を言わさず採用されるケースもあるだろう。
逆に白のベルトアクセントバッグを持っていながらこちらの白が採用されることはまずない。



②:エナメルボーダーバッグ
夏服との並びは鉄板である。
グラフィックではわからないがエナメルという素材が重要であり(気持ちの問題),海風を受けて冒険をするときのバッグはこれ一択である。
夏服と相性がいいというのも構築の方向性とマッチしており,私もよくお世話になった。
一方ネクタイ付きシャツやコート等との相性は最悪である。



③:リボンモチーフバッグ
やや狙いすぎではないかと思わないでもない。
採用する場合にはこのバッグが浮かないような,ふわっとした雰囲気を構築全体で意識するべきである。
フリルスカートが自然と並ぶ事が多い。



④:ベルトアクセントバッグ
大人びた雰囲気を出せるバッグ,となればこれを採用することになる。
色の展開もそれに合わせて落ち着いたものになっているが,もう少し色の幅を広げてほしかった気もする。
服装の好みによっては最も採用要請が出やすいバッグであり,私が重用していたのもこのアイテムである。



⑤:フリンジタッセルバッグ
色が緑か紫であり,これも色を理由に採用されることが多い。
緑に関してはタッセルの主張がしっかりとあるが,紫はタッセルも紫なため目立たない。





アクセサリー


アクセまとめ


①:ワイドフレームサングラス
キャスケット以外の何と合わせても良い汎用アイテム。
でありながらしっかりと洒落た感じを出せるため,採用されうる場面は多い。
アクセサリー全般に言えることだが,基本的には構築の終盤に色・シルエット・雰囲気を合わせつつ最適解を求めるのがいいだろう。



②:フェイクフラワーピンズ
やや主張が強い部類のアクセサリー。
とはいえ構築全体の雰囲気を変えるほどのパワーは無く,気軽に採用してもいい範囲である。
中折れハットとの並びが比較的良好で,フェイクフラワーピンズに目線を取られるためにハットのシルエットからくる違和感を軽減できる。



③:カラフルボタンピンズ
主張のないアイテムだが,中折れハットやカノチェに付けると指向に齟齬が生じるため不適である。
おとなしくキャップの脇に付けているのが最も良い。



④:メタルワークピンズ
アクセサリーとしては唯一,構築全体の方向性を決めるだけの主張を持っている。
しかしこのアイテムの方向性と一致するアイテムで全身を揃えるのは難しく,XY環境において採用される場面は少ない。



⑤:帽子用リボン
リボン…?
相性のみで言えばカノチェが最も適しているが,カノチェにはサングラスという鉄板の並びが存在する。
よって採用要請が出ることは少ないが,それ以外の帽子に付けても特段悪くはない。



⑥:羽飾り
色が鮮やかで,キャスケットやエスニックカットソーとの相性がいい。
特にここまではっきりと緑色のアクセサリーはこれのみであり,それだけで構築に入ってくる理由となる。





やちこんちゃん構築サンプル6選


1.png2.png3.png4.png5.png6.png


①:赤ニーハイ軸プルオーバースタン
赤ニーハイを軸に組んだ構築。
ニーハイと相性が良く単体性能の高いクロスステッチパンツ,ジェントルマンシューズまではまず決定。
雰囲気を柔らかくするためにリボン付きプルオーバーを入れ,帽子とバッグは色を茶色で統一する形とした。
ニーハイの赤は軸であるが単体では目立ちすぎるため,最後に赤サングラスを加え構築は完成。
リボン付きプルオーバーは原色系のアイテム(ここでは赤ニーハイ)との相性が良く,アピールポイントを派手な色に持っていくことで薄色のリボンを悪目立ちさせづらくできる。
ここまででシルエットは完成しているため髪型は邪魔をしないショートを選択し,全体を重くしないよう金色を設定した。
最も気に入っている構築である。



②:赤ネクタイシャツ入りモノトーン
赤のネクタイシャツを軸にするということで全体を赤でまとめようとした所から構築を組み始めたが,この路線では納得の行くものができなかったので断念。
白黒の並びに色味をネクタイシャツのみで加える形とした。
個人的にネクタイシャツにはポニーテール以外あり得ないと思っている。
ショートパンツ,ジェントルマンシューズとお気に入りのアイテムたちで良い構築が組めたことは満足である。



③:緑ニーハイ軸オレンジポニテ
なんとか緑のニーハイを軸にしたかった構築。
緑のネクタイシャツというこれまたマイナー寄りのアイテムとの相性が良く,これら2つを確定とした。
周りは邪魔をしないアイテムで固めることで上記2つを目立たせ,緑主体でありながらまとまりある構築になった。
髪の色はオレンジを設定しており,相性は最高に良いと思っている。



④:海辺スタン
海沿いを歩くときはこれ一択である。
ミニキャミソールを採用した際,私の中ではショートパンツ・レギンス・キャップ・エナメルボーダーバッグまでが確定となっている。
髪型は若干ボリュームがあるとバランスが取れて良い。



⑤:中折れハット軸冬の装い
中折れハットを採用するにあたり,他のアイテムのシルエットに広がりを持たせることでバランスが取れると考え,ハット+コートを軸とした。
ハットのシルエットを誤魔化すためにアクセサリーはフラワーを採用し,全体を白黒でまとめることでこれをさらに目立たせている。
髪型も毛先に動きのあるボブを設定し,全体の指向と統一させた。
ハット軸で隙の無い構築を組めたことには満足しているが,ここまでやっても白カノチェでいい感があって悲しい。



⑥:雪崩式女の子フリルパ
名前はシルエットの感じから適当に。
ここまで圧倒的に女の子成分が不足していたので急遽組んだ構築である。
実はストローハットを採用しているが目立たない。
まとまりはあるがこれといったアピールポイントを作ることができなかった。
この手の構築の不得手さを再確認する結果となり,少々残念である。
しかしストローハット+ベージュバッグという並びには可能性を感じる。





まとめ


うちの子が いちばん かわいい

雑記・雑感 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。