FC2ブログ
2015年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2015年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
      

≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

【シングルS8前半構築】蛇竜炎竜鬼氷構築

S8前半:蛇竜炎竜鬼氷


オニゴーリを軸とし,麻痺撒きの天邪鬼ジャローダと縦の並びがよさそうなニトチャリザXを加えた変則的な積みサイクル構築。
一応1900には乗ったものの立ち回りがきつい相手も多く,また対戦に時間がかかりすぎるために(重要)解体しました。

フェアリーの対処やウルガモスの処理ルートの複数確保ができれば2000にも行けたのではないかと思います。




コンセプトとか


・オニゴーリ使いたい
・ジャローダも使いたい
・分のいい運ゲは運ゲじゃない





個別紹介


ジャロ
ジャローダ@気合の襷 臆病ほぼCS 天邪鬼
リーフストーム/めざ地/蛇睨み/挑発

オニゴーリの起点を作り,それでいて攻撃と積みを同時に行うことが可能な蛇。
起点作成要因でありながら,相手の無視できない火力を出すことのできる点がとてもえらい。
メインウェポンは蛇睨み。




リザX
リザードン@メガ石X 意地っ張りHAS 猛火→硬い爪
フレアドライブ/逆鱗/ニトロチャージ/剣の舞

ジャローダがナットハッサムや電気ポケを呼びやすく,そのあたりを起点にできそうなため採用。
フェアリー勢に対する瞬発的な火力を持ちたかったため,攻撃範囲を狭めてフレアドライブを入れてます。
ヒードランやバンギラスは後述のオニゴーリでどうにでもなるため,技構成で困ることは少なかった印象。
メガ進化するとフェアリー耐性がなくなって辛い。




オニゴーリ
オニゴーリ@食べ残し 臆病HSベース ムラッ気
フリーズドライ/地震/身代わり/守る

このパーティの絶対的エース。
麻痺の入ったポケモンや自分よりも遅いポケモンの前に出ていきムラムラし始める変態。
絶対零度を切って地震を採用していますが,これによりヒードランやライコウ等の身代わり勢に対して強くなるため選出しやすくなります。
そのかわりポリ2やクレセの突破は絶望的になるため,これらの超耐久は他のポケモンに任せましょう。
(輝石ポリ2に対しC5↑フリーズドライで乱2。よほど引きが良くない限りTODが濃厚)
ガルーラやハイボ,メガヘラ等の身代わり貫通ポケの相手は無理。




カバルドン
カバルドン@ゴツゴツメット 呑気HB 砂起こし
地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

対メガガルメガバシャ枠。
岩石封じを入れただけでオニゴーリの起点にできるという考えは甘い(経験者談)。




ライコウ
ライコウ@命の珠 臆病hCS プレッシャー
10万ボルト/めざ氷/でんじは/ボルトチェンジ

麻痺撒きかつ対ファイアロー・電気飛行かつ高速アタッカー。
ライコウの電磁波はまず警戒されないため,初手のゲンガーなどに刺しやすいです。
調整はS7の瞑想ライコウの流用。
火力不足です(断言)。
穏やかサンダーめっちゃ増えてないすか?




メガゲン
ゲンガー@メガ石 臆病CS 浮遊→影踏み
シャドーボール/ヘドロ爆弾/挑発/道連れ

オニゴーリがどうしようもない相手を連れ去る係。
フェアリーに対して打点があるのもいい感じ。
凍える風の採用も一考ですが,ガブリアスは他のポケモンたちで大抵どうにかなり,メガマンダは麻痺さえ入れてしまえばいいため今回は切っています。





使用感とか


数値が低い(驚愕の事実)。
蛇睨み+ムラッ気で広範囲にごまかしが利くためそこまで気にはならなかったものの,600族がおらず準伝はライコウだけ,という並びは不利対面が即負けに繋がりかねないと感じました。

ジャローダを単体で見ると,削れたガルーラへの繰り出しから挑発でクレセリアのトリル展開を封じることができるなど,面白い動きをする場面も多く弱いポケモンではないと思います。
しかしジャロゴーリを並びとして見ると,共通弱点の存在や先制技への耐性不足,瞬発火力の低さなど,並びを崩される要因となる点が多く存在しています。

ジャロゴーリがきつい相手としては
 ハイボ勢・メガガル・メガバシャ・メガヘラ・ラムガモス・
 ファイアロー・とんぼハッサム・ボルト化身・ローブシン・ポリ2
などがおり,これらを見ていくと先述の要因を突いてくるポケモンが多いことがわかります。

リザードンを除いた残り3枠でこの弱点を埋めようといろいろ考えましたが,ちょっと対戦時間の長さにも辟易してきたため無事解散と相成りました。
ただ,考察段階の構築で1900到達ということで,もっと上へ行ける可能性はあると思っています。
特にオニゴーリの選出誘導能,刺さる構築への制圧能はかなりのものであるため,現在は普通の対面構築にオニゴーリのみをポンといれたパーティを使っています。




まとめ


・ジャロゴーリの並びは難しい
・申し訳ないが身代わりの貫通はNG
・顔がでかい


スポンサーサイト
使用構築 | Comments(2) | Trackbacks(-)

【両刀】変態糞きのこ【キノガッサ】

もう駄目だ!ネタがねぇ!!(予定調和)


キノガッサ

今日のテーマはキノコです。


キノガッサ


ステータス(努力値):153(140)-150-115(116)-123(252)-72-90
技構成:マッハパンチ/草結び/めざ氷/カウンター
性格等:うっかりや@気合の襷 テクニシャン


火力
 マッハパンチで
  無振りキノガッサを確3(37.8~45.2%)
  無振りバシャーモを確3(37.4~44.5%)

 草結びで
  H252振りラグラージを最低乱数以外1発(98.6~117.9%)
  H252振りマリルリを確2(60.9~72.5%)

 めざ氷で
  D下降補正H4振りメガボーマンダを確1(100.6~119.3%)
   →D無補正H4振りでもめざ氷+マッパで大体倒す
  無振りキノガッサを確2(77.0~91.9%)


耐久
 陽気キノガッサの岩石封じ+マッハパンチ×2を高確率で耐える
 (それぞれ17.6~20.9%, 35.3~41.8%)

 特殊技を喰らってはいけない(戒め)




バトルオブホウエンで猛威を振るったポケモン(誇張表現)。
大量に遭遇することが予想されたラグマンダ構築を一匹でどうにかしつつ、相手キノガッサへの後投げもできたりできなかったりします。

タネマではHBラグを突破するのに3Hitさせる必要があるため草結び。
テクニ補正がかかるため、ラグラージ(威力80)に打つよりもマリルリ(威力60×1.5)に打った時の方が高威力になって悲しい。
ガッサ対策としてはゴーグルグロスがお手軽かつ強力そうだったので、後投げされたグロスにはとりあえずカウンターしようと思いました。





使用感


なぜ胞子を切ったし。

どうせラグラージは引くんだから、草技を切ってでも胞子を入れれば良かったんですよ。
仮想敵への性能はなかなかのなかなかでしたが、それ以外の相手に何もできなくてアヘってなりました。
そのくせ紙耐久かつ鈍足なため、一度場に出したらもう引き返せないです。
お前には死ぬまで闘ってもらうからな~?(無振りマッパペチー)


ボーマンダとの対面を作った際、向こうは胞子覚悟で突っ張ってくるケースが多かったため役割はこなしたと言えるでしょう。
また相手ガッサにもかなりの強さを見せつけたため、ホウエン大会という限定環境ではこういった型もアリだったのではと思います。
何よりめざ氷を打ったときの、『何だこれは…。たまげたなぁ』みたいな長考が楽しかった。


実際にこの個体を使うのであれば、カウンターを切って胞子を入れた方が絶対に強いです。
そんな物好きいないですね。





まとめ


・強くない
・もう使うこともない
・でも気に入ってます
育成個体 | Comments(2) | Trackbacks(-)