FC2ブログ
2014年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      

≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

炎技のない蝶舞めざ地珠ウルガモス

ウルガモス

ガモス

ステータス(努力値):167(52)-×-86(4)-198(200)-125(0)-152(252)
技構成:虫のさざめき/ギガドレイン/めざめるパワー地/蝶の舞
性格等:控え目@命の珠 炎の体

火力
 1↑さざめきで
  D4振りガブリアスを確1(101.1~119.1%)
  H252振りクレセリアを余裕の確1
  H4振りメガガルーラを中乱1(91.2~107.7%)
   →ステロ込みで確1

 1↑ギガドレで
  H252振りマリルリを確1(106.8~125.6%)
  H252振り水ロトムを余裕で確1
  H252D4振りスイクンを確2(77.8~92.8%)
   →2↑で確1
  H252D4振りブルンゲルを確2(84.1~99.0%)
   →ステロ込みで高乱1
  H244振りギャラドスを中~低乱2(45.3~53.7%)
   →竜舞ギャラの起点にならない

 1↑めざ地で
  H252振りヒ―ドランを余裕で確1(舞わなくても中~高乱数1)
  H156振り(実数175)メガバシャーモを確1(101.1~118.9%)

耐久
 陽気ガブリアスの逆鱗を最高乱数以外耐え(86.2~101.2%)
 A特化マリルリのアクアジェットが確2(69.5~83.8%)
 A特化メガガルーラの猫騙しでHPが半分弱削れる
 C4振りスイクンの熱湯が確2(50.3~58.7)
   →ギガドレと合わせ対面から起点にできる




本来のメインウェポンである炎技を切った狂気のウルガモス。
しかしこれにより通常は突破できない相手を突破していくため、使っていて大変気持ちいい
真面目に環境に刺さっていると踏んで育てた個体なので真面目にレートで使ってます。
ギガドレおよびめざ地の採用と命の珠が重要で、これにより対ガブ性能をあまり損なわず広範囲へ打点が取れるのがうれしい。
とりあえずレート1900は突破したので、予想は間違っていなかったと思われます。タブンネ。
パーティはシーズン6が終わってから紹介します。 →終わりました





使用感

ダメ計を見ると分かる通り、完全に積み前提で運用してます。
打ち逃げをするならギガドレなんか捨てて炎技を入れましょう。
一回舞ったら全抜き出来そうだと思ったら選出して、取り巻きで起点を呼ぶなり作るなりして登場。とりあえず舞う。

炎技を切ることによってサンダー・ボルトロス・ギルガルド・ランドロスなどへの有効打がなくなりますが、一度舞ってしまえばランドは炎技警戒で出づらい、ガルドはそもそも出てこない、サンダーは強引に起点にできるなど、炎技を切ったことが致命傷になる場面は思ったよりも少ないです。
とはいえ霊獣ランドは1舞では対抗できず、相手の攻撃でこちらは確定で吹き飛ぶため結構つらい。
さらに持ち物がラムではないため状態異常にはとっても弱い。
起点にしようとしてクレセに出すと電磁波をもらったりします。気を付けよう。

めざ地は主に対ヒ―ドランで採用しましたが、これがほとんどメガバシャーモに使われています。
バシャがこのウルガモスを突破するパターンは
 ・2連守るを決めて上から叩く
 ・陽気最速メガバシャであれば1加速して上から叩く
 ・準速1加速メガバシャで同速勝負
のいずれかになると思われますが、陽気最速はまずいないため死に出しされてもめざ地連打でたいてい突破可能。

ウルガモスは物理が柔らかいため先制技に弱く、そのため6世代ではあまり使われていないものと思われます(5世代はやってないので知らない)。
しかし積んだ後に起点対象をギガドレで倒すことによって後続の先制技圏内から逃れることができるため、実質の起点範囲を広げることができます
顕著な例がスイクン+メガガルーラのような並びで、相手の安定行動にもなる『熱湯連打→ガルーラ死に出しの猫騙し』のような行動を起点にできます。
実際にスイクン対面で2積み→ギガドレで突破&ほぼ全快のパターンは多く、勝ち筋の一つとして意識するべきだと感じました。

ウルガモス自体があまり警戒されていないこともあり、大抵の場合、ギガドレorめざ地を絡めて相手の対ガモスポケを突破すると3タテコースに入ります。
きもちいい

あと炎の体の発動機会が思っていた以上に多く、またこれにより勝ちを拾った場面もままあり、虫の知らせより有用かもしれません。


ただしファイアローやカイリューに対しては無力。選出できない。




まとめ

・突破力は一級品で起点対象もわりと多い
・炎技がなくてもなんとかなる(ならないこともある)
・ファイアローはやめろォ




さざめけ…!
スポンサーサイト



育成個体 | Comments(2) | Trackbacks(-)

根性チョッキカイリキー

カイリキー

カイリキー

ステータス(努力値):197(252)-187(156)-113(100)-×-105-57
技構成:インファイト/叩き落す/冷凍パンチ/バレットパンチ
性格等:勇敢@チョッキ 根性

火力
 叩き落すでH252D44振りメガゲンガー(特化アロー鉢巻ブレバ耐え)を確2(52.7~62.3%)
   →根性発動時なら叩き落す+バレパンで確定

 1.5倍叩き落すでH252振りギルガルド(ブレード)を余裕の確1
 冷凍パンチでB4振りガブリアスを確1(100.5~120.2%)
 インファイトでH252振りメガガルーラを確1(100.0~118.9%)
 1.5倍叩き落す+インファイトで特化ポリゴン2を確定

耐久
 無振りメガゲンガーのシャドボをほぼ確定3耐え(27.9~33.5%)・ヘド爆は低乱3耐え(31.0~37.1%)
 C特化ギルガルドのシャドボを超低乱3耐え(32.5~38.6%)
 陽気鉢巻ガブリアスの逆鱗を確定耐え・特化は中乱数で落ちる(91.4~108.1%)

 Sは最遅ギルガルド抜かれ調整




メガガルーラを使用する上で邪魔になるポケモンを意識した調整。メガガルの確1は完全にオマケ。
他のポケモンでガブをしっかり対策できているのであれば、Bの努力値を好きなだけDに回してあげましょう。
技はこの4つでほぼ確定ですが、BDダウンが気になる運に自信ニキはクロスチョップを採用するのかもしれません。
私はインファイトを打ちます。




使用感

グロパンするガルクレセの並びに入れて使っていました。
相手の初手にメガゲンが来そうなときは先発。叩き落とすから入ってメガゲンを落としに行きます。
また相手の物理受けクレセはほぼ100%選出され、十中八九ゴツメを持っているので有利対面からクレセを誘いましょう。
カイリキーは落ちても構わないので居座り叩き落すを決め、メガガルのグロパンが打ち放題の状況を作ります。ここで電磁波もらえたらラッキー。
ギルガルドは後投げすると物凄く怪しいため、できれば対面させたいです。
対面からであれば大抵の場合は叩き落とすが通りますが、後投げすると逃げられます。
ここまでの説明から分かるように、このカイリキーの行動の8割は叩き落すです。

チョッキを着て叩き落してくるポケモンといえばローブシン後輩がメジャーでしょうか。
事実このカイリキーはブシンの単純劣化といっても過言ではない(言い過ぎ)です。
しかしそれでいいんです。カイリキーはノーガードの印象が強く、そのためゲンガ-対面では高確率で叩きを決めることができます。
これがブシンだったら間違いなくゲンガーは逃げます。
差別化なんて必要ねえんだよ!


また、ゲンガー読みで先発ガブと当たったときも、悪くて1:1交換くらいはしてくれるので助かる場面も多かったです。
PGLによれば根性カイリキーは全体の約1割強(2014/10/8)。たぶん読まれない。




まとめ

・ノーガードが有名←これがブシンとの最大の差別化
・ガルドは他での対策もしたほうがいい
・つよくてかっこいい


~ちなみに~
カイリキーは強かったがガルクレセの扱いが絶望的に下手糞だったため、この並びを軸にしたパーティは1週間程度で解体された。
育成個体 | Comments(3) | Trackbacks(-)

【シングルS4使用構築】メガデン入りとんボルチェン ~追い風を添えて~

S4:メガデンとんボル


シーズン4あたりで使用したパーティであり、同時にXYを購入してから初めて組んだパーティでもあります。
最高到達レートは1780。
どうやってこのガバガバ構築でそこまで行ったのかは本人にも分からない。




パーティのコンセプトとか

・メガデンリュウを使う
・6世代環境に慣れる
・5世代romが無い現状で頑張る(4世代はある)



個別紹介

メガデン
デンリュウ@メガ石 控え目HCS 静電気→型破り
10万ボルト/竜の波動/気合玉/ボルトチェンジ →この個体

アローや各種ロトムに強いポケモン。メガ進化勢の中で最もかわいい(主観)ため採用。
電気の一貫が取れるパーティ相手には非常に強く出ることができましたが、電気も竜も一貫しない相手には選出すら躊躇われます。




メガヘラ
ヘラクロス@メガ石 意地っ張りHAS 根性→スキルリンク
インファイト/ミサイル針/ロックブラスト/種マシンガン

アローにはデンリュウ、デンリュウが苦手な相手にはヘラ。そう考えて採用。
実際にはそう単純にはいかず、同時選出した挙句インファイトを打つ機械と化すこともままありました。




ガブ
ガブリアス@ラム 陽気AS 鮫肌
地震/逆鱗/身代わり/剣の舞

使ったことがなかったので採用。強いですねこれ(小並感)。




ハッサム
ハッサム@鉢巻 意地っ張りHA テクニシャン
バレットパンチ/とんぼ返り/泥棒/燕返し

とんボルチェンするために採用。燕返しは飾り。
メガデンよりも先発で出されることが多く、真っ先に落とされたり火傷したりするかわいそうなポケモン。
すまぬ。




イノムー
イノムー@輝石 呑気HBベース 厚い脂肪
地震/雪雪崩/氷の礫/ステルスロック

輝石の力を見てみたかったのと、ガブが非常に重かったため採用。
吠えるは必須だと実感しました。入れてないけど。




アロー
ファイアロー@プレート 意地っ張りAS はやての翼
ブレイブバード/フレアドライブ/とんぼ返り/追い風

画像がでかすぎる、訴訟。
使ってみたかったので採用。強い。
コンセプト的にとんぼを入れてましたが、どう考えても鬼火のほうがいいです。




立ち回り

ポリゴン2やクレセリアとファイアローが相手パーティに入っていた場合、デンリュウとヘラの同時選出がほぼ確定します。
何だこのガバガバ欠陥構築は。
また、対ガブにと期待されたイノムーは火力のなさから先発に置くのが躊躇われ、結果先発はハッサム安定に。
ガブとハッサムが対面したらとりあえずとんぼでHP半分持ってきます。

電気無効枠がいない相手にはかなり良い成績だったため、メガデンリュウが強いように見える。
でもメガライボとかボルトロスとかでも似たような結果が出るんじゃないでしょうか。

技の一貫を取ってから追い風を決めるとメガヘラが本当に強かったです。
また、驚いたことにこのパーティはクレセの処理ルートが実質ヘラ一本であるため、レートが上がって行くにつれデンリュウを選出している場合ではなくなるという事態が発生、コンセプトは建前と化す。
さらにガブ(特に鉢巻)とメガルはいつまでも重かった。

その他にもファイアローの減少、ランドロスなど強力な地面ポケの増加、サンダーの入手などの要素が複合し、このパーティは無事解体された。



まとめ

・メガデンの存在が自パーティに著しく負荷をかけてくる
・相手が地面タイプ不使用縛りとかだとすごく強い

使用構築 | Comments(0) | Trackbacks(-)

普通の(少し早い)メガデンリュウ

メガデンリュウ


メガデン

かわいい。


ステータス(努力値):191(204)-×-129(28)-220(118)-131(4)-85(156)
技構成:10万ボルト/竜の波動/気合玉/ボルトチェンジ

性格等:控え目@メガ石 静電気→型破り

火力
 竜の波動で
  D4振りガブリアスを余裕の確1
  H76振り(実数175)D4カイリューを確1(100.6~120.0%)
  無振り火ロトムを確2(67.2~79.2%)

 10万ボルトで
  H252振り水ロトムを確2(56.1~66.9%)
  H252振りマリルリを余裕の確1
  H252D4振りチョッキスイクンを確2(53.1~63.8%)
  H252振りギルガルド(シールド)を確3(40.1~47.3%)

 気合玉で
  H4振りメガガルーラを中乱1(91.7~108.3%)
  H252振りバンギラス(砂)を余裕の確1、メガだと中乱1
  H252振りナットレイを確2(80.7~96.1%)

耐久
 陽気ガブリアスの地震を最高乱数以外耐え
 特化マリルリのじゃれつくで中乱1(92.1~109.9%)
 特化ファイアローのブレイブバードで乱4(29.8~35.6%) 
 臆病珠ゲッコウガの冷凍ビームを確定耐え(83.2~97.9%)




技構成はめざ炎やめざ草、電磁波なども候補に入ると思います。
ここまでSに振ることで多くのマリルリ、クチートの上をとることができ、またおいかぜ下で最速ガブを抜くことが可能。
メガデンリュウの特性はあのメガギャラドスと同じかたやぶりですが、これが役に立つのは舐めたカイリューが10万読みで出てきた時と霊獣ボルトに10万を打つときだけです。
うーんこの。





使用感

基本は先発。メガ進化前の耐久ではいくら耐性が優秀でも受け出しなどできません。
相手の攻撃または交換を受けてのボルチェンから流れを持っていきましょう。
アローとロトムにはメチャクチャ強いので、こいつらが出てきたらウキウキでメガデンを後投げしてやります。
相手の地面枠がガブのみであれば、有理対面からの交代読み竜波でも打てばいいんじゃない?(適当)
意外と通ることも多かった(←低レートだから)気がします。

進化する前はニコニコしていて待機モーションも落ち着きがないのに、メガ進化するとすまし顔で落ち着いた感じになりとってもカワイイ
しかし決して強くはない。
最も困るのが
 ・アローロトム入り
 ・フェアリー入り
 ・ガブリアスほか地面入り
の条件を満たしたパーティに当たった時で、メガデンリュウの選出を半ば強いられた上、相手の交代を読み違えれば攻撃をスカされる。
当然このときは不利対面が出来上がっているため、自パーティのサイクルはこの時点を持って爆発、崩壊します。

初手でガブと対面した場合、相手が襷、鉢巻、珠、いじっぱスカーフのうちどれかであれば確定で出オチします。
おとなしく引きましょう。そのためB調整が役立ったことはないです。
メガガルーラのA177地震は確定耐えですが、猫騙しから入られると間違いなく落ちます。相手が意地っ張りなら一撃です。引きましょう。
気合玉を打つのはバンギラスと対面したときのみです。

ナットレイは気合玉で突破できそうですが、H252振りだけでも確定耐えされます。
あとは宿みがまもの起点になったり気合玉を外したりするため、逆に不利と感じるのがほとんどでした。





まとめ



・メガ枠なのに相手を選びすぎる
・かわいい
・アローが減ったので働かなくなった


育成個体 | Comments(0) | Trackbacks(-)

はじめましてのごあいさつ

どうもはじめまして。6世代からポケモンに復帰したやちこん(クソザコ)です。
クソザコなので参考になるとは思えませんが、シングル戦の育成メモとかを書いていく予定。
よろしくお願いします。あとブログも初めてです。

過去記事は予告無く随時編集します。そもそもこの文章も後付けだったりします。



メガデンメガデンメガデンメガデン
メガデンメガデンメガデンメガデン




なお、当ブログはメガデンリュウとメガデンリュウを使うトレーナーを応援しています。
共に戦いましょう。メガデンリュウはかわいいです。



あいさつ | Comments(2) | Trackbacks(-)