2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

トップページ

クソザコポケモントレーナーやちこんがレート2200を目指しながら調整とかを書いていくブログ。
(ガチ考察ブログでは)ないです。

素敵なALLリンクフリー。相互リンクは常時受付中。もれなく僕が喜びます。


以下お気に入り or 比較的まともな記事一覧。

 育成個体
  ゴツゴツメット on the キノコ
  珠ずくやわらかローブシン
  突破力と引き換えに電磁波を失ったボルトロスくんHS
  イカサマイバンの悪いバンギラス
  よくばり179ガルーラ



 使用構築
  【S3使用構築】きつねにわとりへびきのこ,うさうさ【最高最終2105】
  【S2使用構築】ガルガブ蛾ガルドテテフーディン【最高2155,中間1位(2132)】
--------↑7世代↑------↓6世代↓--------
  【シングルS17使用構築】ここは スカーフゲンガー の おはか【最高2035】
  【シングルS17中盤使用】厨パのガルーラはゴツメガルーラ【最高1970】
  【シングルS15使用構築】珠玉ゲンガー+気合いばボルト@襷【最高2072】
  【カントークラシック】晴れじいさん
  【シングルS13】ボーマンダリベンジ/がむしゃら&あばれる【最高2084】
  【シングルS11】チームちからずく【最高2109】
  【ダブルS9】そして誰もいなくなるガルゲン滅び【1840くらい】
  【シングルS9】俺達の信じたボルトゴーリ【最高&最終2060】
  【バトルオブホウエン】怪獣と男娼【150位】


 雑記・雑感
  第六世代の仲間たち あと七世代のこと少し
  確率と汎用性と威張ると私
  催眠学/ターンアドの期待値から見る素催眠メガゲンガー
  強い地雷の4条件
  眠るピクシーの展開性能に関するあれこれ
  萌え豚式XY♀主人公服装雑感
スポンサーサイト
トップページ | Comments(5) | Trackbacks(-)

元・炭鉱の町 池島

0.jpg

※S9終了後に『構築記事 テテフーディンUSM』の公開を予知しておりましたが,呆れるくらい勝てなかったため番組内容を変更してお送りします。






a.jpg
そんなわけで『元炭鉱の島』として有名な池島にやってきたのだった。




b.jpg
すでにほぼ人がいない。これが港からまだ近い所だからすごい。




3.jpg
島の奥のほうには有名な八階建てアパート群がある。




f.jpg
舗装された道を外れると新しめの建物があったが,当然廃墟だった。




g.jpg
遠くに廃墟が見える。手前の青い屋根の家は普通に人が住んでいた。




c.jpg
日没に間に合わせて山に登った。アパートと夕日の2ショット。




d.jpg
島の東側。左奥に見えるのは本土(だったと思う)。




8.jpg
実は海に沈む夕日を見るのは初めてだったりする。




h.jpg
このアパートは夜に見たほうがかっこいい。




10.jpg
かっこいい。すごく。










e.jpg
朝靄がかかる廃墟群。たぶん今回のベスト。冒頭の写真は同じ位置から自撮り棒を伸ばしてフィッシュアイで撮ったもの。




13.jpg
当時このサイズの窓ってよっぽど大きかったんじゃないかと思う。




14.jpg
廃墟から廃墟を望むのが好きです。




15.jpg
アパート内には物も若干残されていた。




16.jpg
蔦生えるwww




17.jpg
人は少なかったけど猫はいっぱいいた。




18.jpg
なぜ猫はピントが合わないのか。




19.jpg
余った時間で散歩。池島の海は石炭クズで黒かった。









20.jpg
帰りしに九大の森へ寄ってみた。散歩するには良いところだと思います。







池島にはいずれ再訪したいですね。









おわり

長野・諏訪へ御神渡りを見に行った:2日目

寝坊した(二日連続二回目)

しかも前日の歩き疲れに大量の飲酒を重ねたためか,パンツ一丁で掛け布団の上に寝ていたようだった。諏訪の朝は寒い。
何とか日の出には間に合いそうだったので,慌てて仕度を済ませ赤砂崎公園へ。


2-0.jpg





公園では既にカメラガチ勢が位置取りを始めており,一番良さそうな場所は人混みで入る気にもなれない状況であった。仕方なく二番手くらいの場所で三脚を出してみると,

2-1.jpg

悪くはない。悪くはないが,もっと御神渡りに角度を付けたいし寄った写真も撮りたい。まあ1日目よりも綺麗に御神渡りは見える。氷に亀裂が入る音も2回聞けた(ちょっと感動した)。日の出にも間に合ったので最低限かな~とか思っている内に太陽が昇ってきて,日光の筋が僕に向かって真っ直ぐ伸びてきた。

偶然にも僕が陣取ったのはベストポジションであった。昨日,本宮でちゃんと参拝しておいて良かったなぁと思った。




2-2.jpg
朝焼けの間のみ諏訪湖一面が橙色に塗り替えられる。すごい。



2-4.jpg
真っ直ぐな光の筋と対岸には上諏訪の町が,画面中心を御神渡りが横切ってもうなんかとにかくすごかった。



2-4-2.jpg
橙色。日光が強すぎる。



2-5.jpg
いやー良かった…。



2-6.jpg
そのまま御神渡り見物に移行。まだ若干,朝焼けの名残りがある。



2-6-3.jpg
蛇行しながら伸びる御神渡り。そら神様も歩きますよこんなん。



2-6-4.jpg
どう撮っても楽しい。すてき。



2-7.jpg
日が昇ったことで霧が出たようだった。これは上諏訪方面。たまらねぇぜ。




一通り満足したので諏訪湖を後にした。次に向かったのは諏訪大社の下社秋宮。

2-7-5.jpg





2-8.jpg
鳥居がでかい。のりこめー^^



2-8-3.jpg
下社といえば注連縄。でかい。



2-8-5.jpg
もちろん御柱もでかい。こいついつもでかいって言ってんな。



2-9.jpg
拝殿。賽銭箱が右に寄ってたり神紋が上社と少し違ったり(根っこ?の本数が上社4に対し下社は5本)頭上の彫刻が緻密だったりで情報量が多い。



2-10.jpg
境内の一画には物凄い数の底抜け柄杓が奉納されていた。キャプテン村紗とも関係が!?と思ったが,案内を読むと安産祈願だそうで。ちなみに僕はみなみっちゃん呼びが好きです。




しっかり参拝と,良い朝日を見せてくれたお礼をして下社を後にした。ちなみに秋宮はだいぶ小高いところにあり,歩いてくるのは普通にしんどかった。

2-11.jpg

伝わりますかね…?僕は途中で休憩を入れました(虚弱)


この後は北澤美術館へ行ってひとよ茸のランプを見ようと思い,上諏訪駅へ移動。のはずだったが,道中で『湊支所前からの御神渡りがいい感じ』との情報があったので急遽行き先を変更した。さらばひとよ茸。


2-11-1.jpg





2-11-5.jpg
なるほど…。



2-12.jpg
確かにこれは…。



2-12-2.jpg
今まで見た御神渡りよりも迫力がある。いいじゃないの。



2-14.jpg
あと御神渡り対してがっつり近づけるのもここだけだった。



2-14-5.jpg
こういうのとか。




ただ時間が昼過ぎだったせいもあってか,湖上全体が白く飛びがちで写真が上手く撮れなかった。現物はもっと迫力あったんですけど。

もう時間的にもあと一箇所ぐらいしか回れなさそうだったので,東方厨的に欠かせない洩矢神社へ行くことに。途中で小汚い焼肉屋に入り肉・米・ビールを補給した。美味しかったです。小汚い店ほんとすこ。

店のおばちゃんに洩矢神社の事を聞くと,そんな神社あったの?との言葉が返ってきた。悲しいかな。



2-14-9.jpg





2-15.jpg
洩矢神社は住宅からも離れた場所にひっそりと建っていた。諏訪大社と違い,僕以外には誰も居ない。



2-16.jpg
本殿もこじんまりとしている。



2-17.jpg
絵馬は…どうなんですかね?文字だけ書いた普通の(?)絵馬が隅に追いやられているような気がした。あと絵馬以外の物を掛けていくのは流石に良くないのでは?




けどまあ,境内は静かで空気もしんとしており,持っていたお茶を飲みながらしばらくぼーっとしていると,別にこれで良いような気もしてきた。忘れられて無くなるよりはさ,何でもいいから色んな人が来た方が神様的にも良いんじゃないかなー的な。

それから神話の上の事とはいえ,国取りに負けた神様はこうなってしまうのか,とか。ぼんやり色々考えたけど寒くなってきたので,(普通の?)絵馬を書いて,それからのんびり神社を後にした。

帰りの電車は1時間に1本しかないので,気持ち早足で岡谷駅へ向かう。諏訪は良い所だった。また来たいなあと思った。電車には乗り遅れた。





~おわり~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。