FC2ブログ
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月

トップページ

クソザコポケモントレーナーやちこんがレート2200を目指しながら調整とかを書いていくブログ。
(ガチ考察ブログでは)ないです。

素敵なALLリンクフリー。相互リンクは常時受付中。もれなく僕が喜びます。


以下お気に入り or 比較的まともな記事一覧。

 育成個体
  ゴツゴツメット on the キノコ
  珠ずくやわらかローブシン
  突破力と引き換えに電磁波を失ったボルトロスくんHS
  イカサマイバンの悪いバンギラス
  よくばり179ガルーラ



 使用構築
  【第5回真皇杯】瀟洒に雨滅び・Eject【関西予選②優勝】
  【S3使用構築】きつねにわとりへびきのこ,うさうさ【最高最終2105】
  【S2使用構築】ガルガブ蛾ガルドテテフーディン【最高2155,中間1位(2132)】
--------↑7世代↑------↓6世代↓--------
  【シングルS17使用構築】ここは スカーフゲンガー の おはか【最高2035】
  【シングルS17中盤使用】厨パのガルーラはゴツメガルーラ【最高1970】
  【シングルS15使用構築】珠玉ゲンガー+気合いばボルト@襷【最高2072】
  【カントークラシック】晴れじいさん
  【シングルS13】ボーマンダリベンジ/がむしゃら&あばれる【最高2084】
  【シングルS11】チームちからずく【最高2109】
  【ダブルS9】そして誰もいなくなるガルゲン滅び【1840くらい】
  【シングルS9】俺達の信じたボルトゴーリ【最高&最終2060】
  【バトルオブホウエン】怪獣と男娼【150位】


 雑記・雑感
  第六世代の仲間たち あと七世代のこと少し
  確率と汎用性と威張ると私
  催眠学/ターンアドの期待値から見る素催眠メガゲンガー
  強い地雷の4条件
  眠るピクシーの展開性能に関するあれこれ
  萌え豚式XY♀主人公服装雑感
スポンサーサイト



トップページ | Comments(5) | Trackbacks(-)

探したけれど見つからないのに

alakazam-mega.gif

サイコフィールド下でのメガフーディンにガルーラの後姿を見た。定常火力,範囲,相手の展開を素の素早さで潰すストッパー性能。彼こそがメガガルーラだと思った。

だが,彼は鋼に対する安定打点に欠けた。気合球とめざ炎では弱かった。地震と,炎のパンチとけたぐりとグロウパンチと大文字から打点を選べる彼女とでは選択幅が違いすぎたし,何よりフィールドが切れた彼はあまりにも脆かった。少し傷を負っては影打ちに怯える対戦が続く中,やがて理解する事もあった。

彼はメガガルーラではなかったのだ。




キノガッサ

バトン先としてのポイヒガッサにガルーラを感じた。相手の展開を許さず,タイプ相性は無視して全て押し倒す性能。襷も関係なかった。すわ彼こそはメガガルーラ,そう思った。

ある対戦で,相手に呪いを打たれた。次の対戦では滅びを歌われた。ガルーラとの対面でそのような行動は許されないし,そんな悠長な相手は1ターンで殴り倒すのが,本当の彼女の姿ではないのか。

彼はメガガルーラではなかったのだ。




ラグラージ

雨メガラグラージを通してガルーラに触れた気がした。最大打点の一貫性も然る事ながら,怯みと馬鹿力で環境の数値受けを粉砕し,運を一方的に味方に付ける姿はまさに彼女のそれではないか。この世の春。あのとき,彼は確かにメガガルーラだった。

しかし春は短く,ボーマンダがこちらを威嚇しながら場に立った瞬間に桜は散った。例えどんな盤面であろうとも,ガルーラが一方的に起点にされる事などあってはならない。

彼もまたメガガルーラではなかったのだ。




ずっとメガガルーラを探していた。強さの物差しはメガガルーラだった。姿形は違えども,どこかにメガガルーラが居ると信じていた。
そう信じている間に7世代も終わりが来た。認めよう,7世代にメガガルーラは居なかった。アローラに存在するガルーラはメガガルーラに良く似た何かだったし,他のポケモンもメガガルーラになり得るはずが無かったのだ。

だから僕ももう彼女の幻影から醒めて,まったく別の視点に立つべきだったのだ。脱ガルーラ。幼年期の終わり。マザー・コンプレックスから脱却し,8世代では新たに強さの定義を見つけようではないか。









(あるいは,新ポケや新システムの中にこそメガガルーラを見つける事もできるのではないか)










メガル
メガル
メガル
ママー!!!

飲んだくれの真皇杯本戦飲み歩きレポート



ポケモン成分は3割くらい。





はじまるよ!





まえのひ

朝早くに関西を出発。本当は千葉まで突き抜けて房総半島にたたずむ廃墟を巡ろうと思っていたのだが,天気と時間の都合で断念した。そのかわり,東京に降りて塩田千春展を見に行く事にしたのだ。
ということで12時頃に東京着。なんだかんだ行った事の無かった六本木へ。

六本木ヒルズとかいう陽の場に行くのも当然初めてだったので(陰の者),どっから入るんだ…というか建物のどこからがヒルズなんだ…って思いながらぐるぐるしたの最高にまぬけだった。

迷いながらも展示のある森美術館へ潜入。



DP1M5031 - コピー
塩田千春《外在化された身体》



DP1M5023 - コピー
塩田千春《タイトル不明(確認忘れました)》



DP1M4993 - コピー
塩田千春《不確かな旅》



DP1M5042 - コピー
塩田千春《静けさの中で》



P9211442 - コピー
塩田千春《集積―目的地を求めて》



DP1M5047 - コピー
塩田千春《時空の反射》



cc.png
以上の写真はすべて「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスでライセンスされています。




塩田千春展はこんな感じで,たまに美術館に行けば絵画ばっかりだった僕でも分かりやすく面白かったです。もちそん,それと作品の意図が分かりやすいかどうかは別ではあるけど,意図はあくまで作者の勝手なのでどう捉えてもこっちも勝手だしまあいいやって思う。

要はカメラ持って行くと楽しい展示が多かったよって話。





ここで3時間くらい消費して,荷物を置きに本日のお宿へ。最寄りの南千住で降りたところ,なんだか子汚くごちゃごちゃした感じ(失礼)でとっても僕好み。テンションが上がる。



1569675126717.jpg
ここを2日間のキャンプ地とする(2,900yen/day)



僕は格安ホテルを好んで利用する習性がある。部屋は独房じみていても,ここはシャワーも冷蔵庫もあるし(いずれも共用)空調ばっちり,何よりトイレが綺麗だったので気に入った。この手の宿はトイレまで維持管理が行き届いていない事も多く,汚さに負けて駅でうんちする事が多かったためとっても満足。





荷物を置いてから浅草へ。まさん氏(@masanlive)とホッピー通りへ行こうと言っていたのだ。合流で少し手こずったりしつつ,氏の案内で約束の地へ。なお写真は撮り忘れたもよう。

一軒目ではフレ戦を申し込み,構築段階で苦しいな~からの完敗。明日への自信が根こそぎ無くなった気がしたが,そもそもパーティに関しては不安しか無かったのでセーフ。対戦後,ドリュウズの技(ドリルorみがわり)とSライン,ラグラージの技(冷パンorやんちゃ吹雪)なんかを相談して構築が決定した。

ちなみに,この店で人生初のホッピーを飲んだ。ビールとハイボールの中間をサラッとさせて微炭酸・甘さはカット みたいな感じでガバガバいけるし偉い飲み物だな~って思う。

このあと一軒梯子して浅草寺へ。道中,〆のラーメンを食べつつビールを飲んだ。これ〆れてないな。



DP1M5084 - コピー
もちろん浅草も始めて来た。



DP1M5090 - コピー
でかい。



DP1M5093 - コピー - コピー
これはまさん氏。よっぱらい二人で「傘持って構えて!あ~いいよいいよ~!」とかやってるの超楽しかった。



DP1M5102a.jpg
これは知らない人。



夜の浅草を満喫してこの日は解散。宿に着いたらアルコールが抜けていたので,寝酒に缶チューハイを飲みつつ努力値の微調整とパーティチェックシートの記入をした。






とうじつ

普通に起きて共用シャワーを浴びたのち,関西2で着ていたものと同じアロハシャツを着て出発。いわゆるゲン担ぎです(不発)。


DP1M5114 - コピー
南千住駅近くの喫茶店で朝食。こういうのでいいんだよ。


そんで会場着。周辺は思っていたのと違って猥雑な感じだったので,謎のホームグラウンド感を得た。
運営の方にエレベーターの案内をしてもらったり,Tシャツを貰ったりして至れり尽くせりだった。ありがとうございました。

本戦では特にいいところが無かったので,箇条書きのダイジェスト版をお送りします。革新的ですね。






・開始前,勝手に因縁を感じていたのでくりぷとん氏に絡む。関西1・2と対戦しており1勝1敗,うち運勝ち1。「今日は運以外で勝ちますよ」と宣言する(フラグ)。

・ミミッキュのSを155で止めているのが急に不安になる。Bを削って最速にした。

・リホウさんに絡む。やべえめっちゃいい人そう。こんな人と僕が話をしていいのか。

・ブロック分けくじ引きの待機中,出場者の予選使用パーティが貼りだされている中にスカーフデリバードを見つけ驚愕する(フラグ)。

・それをネタにやんこぽけさんに絡む。なんかすごい緊張してた。

DP1M5122 - コピー
くじ引きに興じるポケモンオタクたち。

・くじ引きで7番を引き謎ガッツポーズ。シャオラァみたいな掛け声つき。

・だって嬉しいじゃん。

・ブロックの面子を確認。きっちりくりぷとん氏と同じブロックに入っていた。

・予選開始。3戦続けて関西or東海勢(だったと思います)に当たる。

・3連敗で午前の部終了。ぼくの真皇杯も実質終了。




・お昼。一人は寂しかったのでリホウさんを誘い蕎麦とうどんの店へ。

DP1M5123 - コピー
板わさとビール,通称ボコビーの並びで蕎麦を待つ。(予選から常に昼はビール飲んでたので,あきらめて午後を投げたとかそういうのでは)ないです。

・このあとビールをおかわりしてリホウさんをドン引きさせる。

・『午前3連敗したぼくはどうすればいいですか』という僕のついっとに対しいいねが付く。いいねじゃないんだよ。




・午後。初戦でデリバードに当たる(フラグ回収)。

・たしかデリバードの種族値は60~80に固まってたよな,って思いながらペリラグミミで選出。雨ラグがS負けてたら壊滅するけど,予想通り上を取って勝ち。予選唯一の勝ち。

・今確認したら60超えてるのCSだけだった。

・くりぷとん氏のカミツルギにラグの馬鹿力を叩き込むも,耐えられてそのまま負け(フラグ回収)。

・また3連敗して1-6で終了。




・暇になる。

・サイドイベントのトリプルビートに参加しようと思い立つ。

・「ぼくの本戦は終わったのでサイドイベント参加したいです」と言って,むーさん始め運営陣を困惑させる。

・テンポ良く2連勝したあとの対戦相手が見つからず,見かねた楓さんに相手してもらう。

・勝った。

・「トリプルビート,最後の3連勝達成者です!」と紹介してもらう。本戦に出場してたはずなのに。




・決勝トナメ開始。くりぷとん氏とやんこぽけさんの対戦を見にいく。

・周囲の観戦者に対し「ぼく関西予選2でこの2人に勝ったんすよw」と謎発言。うち運勝ち2。

・すごい試合だった。

・らんのすけさん,よにいちさんに「ミロを知っているか」と聞かれる。あの国民的飲料ミロをご存じない?

・リホウさんに野良試合を申し込む。相手を1体も倒せず敗北し,上下関係を叩き込まれた。




要所要所で知能の低そうなムーブをかましたような気がするけど実際低いからしょうがない。もうすぐ準決あたりのタイミングでしたが,まさん氏と再度飲みに行く約束をしていたので離脱。

運営の皆さん,絡んでくれた皆さん,絡まれても嫌そうな顔をしなかった皆さん,ありがとうございました。





ということでやってきたのはYOKOHAMA。雨の中,またもやまさん氏の案内で何か洒落た感じの居酒…BARへ。


DP1M5125 - コピー
ポテトとパスタとビーフがすげぇ美味しかった。ていうか何食べても美味しかった。


この日はポケモンのNNとか技配置とか選出画面の並びとかに対するこだわりの話で盛り上がっった。まさん氏もかなり気にするタイプのようだったし,僕もこういう要らん所に対するこだわりって強いんだよな~って実感した。

で,真面目な話,ポケモンはそろそろ引退しようかとも思ってたんですけど,こんな話してるうちに何か自分で考えていたよりもずっとポケモン好きだなって思ったり,惨敗したのが糞ほど悔しかったりで8世代もやろうかなって気分になりました。
まあやらない可能性もあるんですけどね。真面目な話おわり。

この後は梯子せず解散して独房へ帰宅,就寝。何もかも楽しかった。






つぎのひ

朝日で起床。この日は帰るだけで余裕があったので,しばらくだらだらした。

チェックアウトして朝食にふさわしい店を探しつつ駅へ向かうと,既に開いている居酒屋を発見。入店。


KIMG1292.jpg
かんぱーい。このあと焼きサバを食べた。


朝から飲むのって本当に気分が良いですよね。

せっかくなので秋葉原へ。真皇杯が終わるまで購入を控えていた『東方鬼形獣』を買って帰るのだ。と意気込んだがメロンブックスでは在庫切れ。探すのも面倒だったので,適当な店でお寿司とビールを注入して撤退,新幹線へ。

数時間で関西着。地元付近のオタクショップに寄ったところ,無事鬼形獣を発見。嬉しさのあまりもう一度居酒屋に寄って乾杯した。やっぱり関西飲み屋の雰囲気は落ち着く。溢れるホームグラウンド感。

こうしてこの日3回目の乾杯で『終わっちゃったな真皇杯』と実感したので,このレポートも終わります。来年もまた本戦に出場してホッピーを飲みに行きたいものです。関西にはあんまり無いのよね,ホッピー。






おわり